オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

川口市にて玄関上スレート屋根をカバー工法でガルバリウム鋼板板金屋根へ

玄関上スレート屋根
玄関上スレート屋根の写真です。

判りずらいかもしれませんが、テープの補修箇所が7箇所あります。

スレート屋根のつなぎ目が黒ずんでいます。
これは、雨水が溜まってしまい、うまく雨水が流れて抜けていかないためです。

スレート屋根の場合は、10年に一度塗装が必要です。
塗装しないと、スレート自体はがれてきます。
玄関上野地板、下地補強
カバー工法 最初の工程
野地板施工です。

野地板をすることで、下地の強度が増します。

スレート部分すべてに、野地板を敷きます。
ルーフィング、台風被害
第2工程 ルーフィング施工です。

ルーフィング施工とは、防水シートの役割を果たしてくれます。
屋根材が何にせよ、このルーフィング施工が大事な工程と言えます。

当店では、タジマルーフィングを使用します。
強度があり品質がいいことから、使用しています。
雨水が浸入しても、ルーフィングが水を通しません。
何十年持つ瓦自体でも、このルーフィングのメンテナンスをしないと雨漏りの原因になります。
ニチハ横暖ルーフ、ガルバリウム鋼板、カバー工法
最終工程 
ガルバリウム鋼板 ニチハ横暖ルーフです。

近年、板金屋根が人気の理由は、

・メーカー保証15年(当店)
・錆にくい
・雨風に強い、丈夫
・瓦屋根の重さの1/8
・外観がオシャレ

などでしょう。
重量が軽いことは、家にとって負担が減ります。
地震の揺れに対しても、屋根が重いと揺れやすいです。
また、10年ごと塗装も要りません。
長い目で見たとき、経済的にも良いと言えます。

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!
0120-390-616