オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川口市にて破風板金巻き工事の初日作業のご紹介


破風板金巻き
皆さんこんにちは。
本日は破風板金巻きの初日作業です。
大体のお宅破風板は軒先の広小舞から真っすぐに降りてきますがこちらのお宅は段差がついている特殊な形状。
現調の際は実際に作業する時のことを考えて、どう納めようか、こう納めよう、ならどういう風に加工しようかといろいろ考えて段取りをします。
今回は下一段を先に巻き、そのあと上を巻くということになりました。
まずは雨樋を仮解体して足場に養生して置いておきます。
そうしましたら板金工事スタート。
写真は下場を施工した写真になります。
板金屋さんの足場作業
境界の問題で裏面はとても狭いです。
ですが狭いだのやり辛いだの言っていたらそれは職人ではありません。
どんな状況、どんな環境でも最善を尽くしてきれいに納めるのが職人です。
とはいうもののこれは流石にやり辛そうです。。。
破風板金の釘打ち
写真のような角を出隅(デスミ)といいます。
ここは板金を納めた際に下地が見えないように、且つ真っすぐに、きれいに仕上げなくてはなりません。
とても技術のいる作業ですね。
釘を打つ際も慎重に。
絶対にはずしてはいけません。もしはずしてしまったら板金に金槌のあとがついてしまい直りませんので、やり直しです。

板金作業の下穴空け
破風板金は既存の破風板との間にシーリングを入れ、正面から釘で留めていきます。
シーリングに関しては、「のり」的な役割を、あとは仕上がった際に板金の表面が波を打たないようにするものです。
その上から釘で留めていきますが、これも高さとピッチを全て均等に施工していきます。
建築ではこのような仕上がり時に見せる部分を化粧と呼びます!
破風板金施工時の下穴開け
こちらは釘止めの際の下穴をあけている写真です。
上記の説明の通り、高さ、ピッチを測って施工していきます。
破風板金の下場を叩く
板金の作業というのは手元で一ミリ曲がると10メートル先では数センチ曲がります。
そうなると仕上がった際に、蛇になってしまいます。
そうならないよう常に、上下、左右、正面、通りをこまめに確認しながら作業していきます。
作業は一発勝負です。
失敗は許されませんね。
IMG_0477-columns1
こちらは若手職人の滝澤君。
職長に指示をもらいコーキングをセットしています。
素直で真面目のいい若手社員です。
破風板金工事の全体写真
初日の作業終了です。
次回は破風の完成と、雨樋の復旧です。
それでは。
またお会いしましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

川口市にて劣化した漆喰を増し詰めして壊れた軒天と雨樋も交換しました。

瓦屋根棟部分の漆喰をむりな
瓦屋根棟部分の漆喰を増し詰めした後の写真
工事内容
破風板・軒天部分補修
漆喰詰め直し
雨樋交換
使用素材
築年数
50年
建坪
53.2坪
保証
5年
工事費用
60万

同じ地域の施工事例

施工事例

川口市にて台風被害で破損したカーポートを火災保険を利用して直しました。

カーポート破損、台風被害、火災保険利用
カーポート新設、台風被害
工事内容
その他の工事
火災保険
台風
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

川口市にて横暖ルーフへ葺き替え、既存はセキスイかわらU

セキスイかわらU経年劣化
ニチハ横暖ルーフ葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ Cブラック
築年数
40年
建坪
80
保証
塗膜15年 赤錆20年 穴あき25年
工事費用
230万
施工事例

川口市で屋根の破損で雨漏りのお家を火災保険を利用して屋根葺き替えと雨漏り修復工事

施工前 スレート屋根
大屋根 葺き替え ガルバリウム鋼板 横暖ルーフ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟板金交換
雨樋交換
雨漏り修理
雪止め設置
火災保険
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
20
工事費用
360万 保険認定額180万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616