オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

越谷市で軒天の剥がれ、原因は台風の強風によるものでした


越谷市の皆さん、こんにちは!!『街の屋根やさん 埼玉川口店』です(^^)/

今回は、越谷市で軒天がはがれてしまったお家の調査を行ってきました。

軒天は意外にも、台風被害を受けやすい箇所です。
特に劣化の進んでいる軒天は、もろくなっているので簡単にまくれてしまいます。

今回は、軒天が劣化する理由と、こうなったら危険化も!
も合わせてご紹介していきます。

c2b9a49a50773df14e57d22ed9b42e9d-columns2
ケイカル板
25d8805fc174577a4089228b2051aa61-columns2
化粧合板
軒天に使用されるものは、メインどころで二つ。『化粧合板』『ケイカル板』です。

昔ながらお家には化粧合板が使用されていることが多いように感じます。

最近の新築では、最初からケイカル版を用いるお家もあり、軒天にも意識を持っていただけるようになったように思います。

化粧合板とケイカル板の違いは、材質です。

化粧合板はその名の通り、木材の板に様々なプリントが施された薄い板です。

ケイカル板は、ケイ酸カルシウムという素材で、耐火性があり、少しの濡れなら耐えられる素材になっています。
ただ、ケイカル板は塗装で色を重ねることがほとんどで、その分工賃も少し高くなります。

軒天には、庇と同じように、火災時の燃え広がりを抑止する役割もあるので、
燃えにくいケイカル板を用いることが増えてきたのが現状ですね。


軒天が劣化する理由

578f8d8e16bfa08e43a5c0591c2c0c06
軒天は、屋根のように直接雨が当たったり、風を受けることはなさそうですが、実は自然の影響を受けているのです。

パラパラした雨や、心地よい風では自然の影響を受けることはあまりありませんが、
台風などの横殴りの雨や、強風時には、巻き上がったものによって影響を受けます。

そういったことが長い年月繰り返されることで、劣化が進行します。

具体的な症状

cc849b5283c8418fb699716ef2f8a2f1-columns2
*化粧合板*
プリントの捲くれ
50c9893b95ad418456babe9a5cfe1a36-columns2
*ケイカル板*
雨染み

化粧合板の場合、劣化してくると表面のプリントが捲くれてくることが多いです。
表面に塗装が施してある場合、その表面がざらざらと塗料だけ剥がれてくることもあります。

また、捲くれてきたプリントをそのまま放置しておくと、強風時に当たる面積が増えることもあり、吹き飛びやすくなります。


ケイカル板の場合、捲くれるといったことはありませんが、雨染みが目立つようになります。
この雨染みは、劣化というよりどこか軒天付近に雨漏り箇所がある可能性が高いです。
雨漏りしているということは、この先軒天だけでなく、室内にまで影響を及ぼす可能性がありますので、早めの対応が必要です。

また、ケイカル板の場合、吹き飛ぶというより、落ちるという表現があっているかと思います。
ケイカル板は、合板の様に雨水槽が何枚もあるわけではないので捲くれることはないですが、逆に劣化に耐え切れなくなったとき、一気に落ちてくる可能性が考えられます。


どちらも劣化の症状が確認できた時は、放置だけはせず、早めの対応をとることを強くお勧めします。

今回の越谷市のお家は台風が原因

84eff34a1a64f71defb69e6e4b42b01d
今回調査を行った、越谷市のお家はかなり大きな軒天被害でした。
一部は写真のように化粧部分が剥がれ、穴も確認できました。

これでは、いつ吹き飛んでしまうかわかりません。
早めの補修工事が必要です。
dfb91ef4fc9c45a475854765f2ecf2eb-columns2
6403e3a3fd6d80c901d8cfe27f4fe1f6-columns2
こちらは既に抜け落ちていました。
お客様によると、台風後に気付いたらなくなっていたとのことです。

このように、軒天に穴が空いてしまうと、ここから野鳥が侵入し、野鳥被害を被ったり、
この部分から直接雨が入り込み、雨漏りに直結することが考えられます。

*軒天の劣化で及ぼす軒天被害 詳しい関連記事*

既に軒天に劣化が見られるお客様にお伝えしたいことは、少し風が強うなと感じる日や、
台風が来た時など、普段よりも強いなと感じた次の日は、少しでもお家を見回していただけたらと思います。

早く気づくことが、大切なお家を守ることになります。

まとめ

今回は軒天の劣化はどういったものが対象なのか、症状や実例をご紹介しました。

軒天は直接雨が当たる部分ではないですし、あまり意識されることがない箇所ではありますが、
実は軒天が原因で雨漏りに繋がっているお家も少なくありません。

まあいっか。と放置せず、どうか一度専門家にご相談ください。

*街の屋根やさん 埼玉川口店が行った、軒天工事事例*

今回のお客様の様に、台風被害によるものなどでは、火災保険の申請も可能です。
保険申請に関して詳しいものも在籍しておりますので、お客様のお考えや、お困りごとをなんでもお聞かせください。

*火災保険申請に関連する詳しい記事*

調査に伺うものは、屋根や外壁工事、保険についてなど詳しいものが伺いますのでご安心ください!!

越谷市の皆様からのお問い合わせ、お待ちしております(^^)/

また、街の屋根やさん 埼玉川口店では、さいたま全域対応しております!!
詳しい施工エリアは、関連記事をご覧ください(*'▽')



*お電話でのお問い合わせはこちら*
0120-390-616 (9:00~17:00)

*メールでのお問い合わせはこちら*

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8d31b0e4416909058528205bd2458360

さいたま市の皆さん、こんにちは!!『街の屋根やさん 埼玉川口店』です(^^)/今回は、棟板金の交換工事を行ってきました。棟板金を取り付ける際には、板金の下に貫というものを取り付けます。その貫にも木材と、樹脂製のものがあり、最近では樹脂製のも...........

90fdb2235cd6ad150495250d9e6c0af9-1

蕨市の皆さん、こんにちは!!『街の屋根やさん 埼玉川口店』です(^^)/今回は、蕨市でパミール屋根の屋根点検に伺いましたので、そのご報告です。皆さん、パミール屋根をご存知ですか?パミールとは、簡単に言うとノンアスベストスレート屋根の駆け出し...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616