オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川口市でパミール屋根のカバー工事をしてきました~パミールとは~ 




今回の工事は
パミール屋根です。

皆様はパミールという製品をご存じでしょうか?


パミールとは大手屋根材メーカー『ニチハ』の
スレート商品で、現在は製造中止になっています。


なぜ、製造中止になっているか気になりますよね。



それは、アスベスト(石綿)が使用禁止になった時代、
屋根材メーカーはこぞってノンアスベスト製品の開発に乗り出しました。

その製品の一つが『パミール』です。

登場したときは、大手メーカーということもあり、
新築屋根に採用されることも多くありました。

しかし、発売されて10年ほどたった時・・・。

相次いで、不具合が報告されたのです。
どのメーカーにも多少の不具合が出ていましたが、
顕著に表れたのがパミールでした。


下記写真をご覧ください。
パミール劣化
ミルフィーユ状の剥がれ
剥がれ落ちるパミール
こちらがパミールの劣化状態です。

今までのブログで上げてきたスレート屋根と明らかに違うのがわかります。

ミルフィーユ状に屋根材の浮きが見られ、
表面が剥がれ落ち、
ボロボロになっています。

現在主流のスレート材、
ケイミュー社の『コロニアル』は
塗装メンテナンスで20年~30年の耐久性がありますが、
このパミールは塗装のメンテナンスが不可能で、
10年ほどでこのような状態になります。


メンテナンス方法としては
葺き替えかカバー工法しかなく、
新しい屋根材への変更しかできません。

もしお客様のお家の屋根がパミールであるなら、
大きな劣化症状が出る前に屋根工事をお勧めいたします。

屋根下地に影響が出てしまうと
既存屋根すべてを剥がして新たに屋根を葺く
葺き替え工法しかできず、
産廃費用が別途かかってしまいます。

下地には痛みがなく、
カバー工法で工事できる場合
屋根の上に重ねて屋根を葺けるので
産廃費用が節約でき、20万円ほどはお安く工事できます。


2つの選択肢しかないという、
何とも悲しい現実ですが、
家族を守る大切なお家です。

職人一同全力で、
ご満足いただける屋根に葺き替えますので、
どうか肩を落とされず、
早めの屋根工事をご検討ください。


次回からは、工事を進めていきます


今回も最後までご覧いただきありがとうございました



この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ラバーロック

今回は川口市でラバーロック工事をしたお家が雨漏りしたということで金属屋根に葺き替えることになりました。まず、ラバーロックとは何かご説明しますね

雨樋

今日は川口市で劣化が進んでいたうえに台風の負荷がかかり割れてしまった雨樋を調査してきました。台風などの自然災害でのお家の異変は火災保険が適用することも多く、実費負担が減ることがありますので、自然災害後は、普段よりもお家を気にかけていただけた...........

庇下地劣化

今回は川口市で増設した部分の庇交換依頼を受けました。庇一箇所だけなどの工事も喜んで駆け付けますので、お気軽にお問い合わせください(^^♪それでは工事を進めていきましょう

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616