オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川口市でトップライト施工付きの屋根を横暖ルーフに葺き替えます


ルーフィング完
今回のブログでは
トップライト(天窓)のある屋根を
金属屋根に葺き替えていく工程をご紹介します


トップライトのあるお家って
自然光も入ってきておしゃれですよね

しかし、実は雨漏りの原因になることが多い箇所です。

どうしてもトップライトがあることで
雨仕舞の箇所が多くなります。

原因としては
雨仕舞は職人が完璧に施工しますが、
それでも単純な屋根に比べて加工部分が増えますので
隙間ができやすくなります。
そこからの雨水の侵入が雨漏りを引き起こします。


今回の工事は、
カバー工法ですので
屋根が二重重ねになり、雨漏りにはつながりにくいです。

カバー工法の良い点は、コスト削減の他にも
より雨漏りしずらくなることも挙げられますね



それでは
工事工程を見ていきましょう



横暖ルーフ
横暖ルーフcブラウン
谷樋施工

まずは屋根本体を取り付けていきます。
今回は、横暖ルーフaプレミアムSのブラウンです。

一般住宅の金属屋根への葺き替えは、
横暖ルーフかガルテクトが人気です。

リフォーム向けの屋根材で、
金属屋根の中で比較的音も静かで、断熱効果も高く、
メーカー保証もついているのが人気の理由です。


今回のお家は、トップライトの他に谷樋もあり、
雨漏りの原因第1位、2位がついていました

慎重に作業を進めていきます。


さあ、本日の正念場!
トップライト施工に入っていきます





トップライト
トップライト付近の本体施工
トップライト周辺のL捨て

まずは軒先に本体を取り付けます。
写真左と、真ん中の写真をみていただければわかるように
本体一枚でぎりぎりなので、ここからトップライトの雨仕舞施工をしていきます。

トップライト周りの施工は
基本、事前に測り、一枚の金属板を置き場で加工して
それを現場で取り付けます。
トップライトは、現場現場によって規格が違うので、
メーカーで役物は売っていないんです

ここがトップライト施工の難しいところです。

今回は、トップライトのサイドにはL捨てを取り付け
下には、加工した板金を取り付けました。

とってもきれいに収まっていますね


角に見える三角形は、重なり合う板金をかみ合わせて作っています。

職人たちは折り紙の様に
シャキシャキと切って折って作業を進めますが
見かけ以上に板金は固いんです

さすがプロの技ですね

ここを素人や技術のない人が行うと
かみ合わせが甘かったり、隙間が空いたりと
雨漏りの原因になってしまいます。

だからこそ
板金の施工は板金業者に依頼するのが良いですね




トップライト現場加工
トップライト加工完了
トップライト加工完

次に本体を屋根のサイズに合わせて加工し取り付けていきます。

サイズに合わせて加工したら織り込んでいきます。
もとからこういった企画の製品が売られていたと勘違いするくらい綺麗ですよね

右の壁際は、トップライトがなければ
雨押えという役物を本来取り付けますが
その幅がなかったため、ここも加工した板金を取り付けます。


一番右写真が完成形です。

板金の取り合い部分には
すべてコーキングを打ちます。


今回のトップライト施工はこれで完成です。

難しい施工でも
こなせる職人が弊社にはたくさんいます


お困りのことがありましたら
お気軽に『街の屋根やさん 川口店』にお問い合わせください

今回も最後までご覧いただきありがとうございました





同じ地域の施工事例

施工事例

川口市にて台風被害で破損したカーポートを火災保険を利用して直しました。

カーポート破損、台風被害、火災保険利用
カーポート新設、台風被害
工事内容
その他の工事
火災保険
台風
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

川口市にて横暖ルーフへ葺き替え、既存はセキスイかわらU

セキスイかわらU経年劣化
ニチハ横暖ルーフ葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ Cブラック
築年数
40年
建坪
80
保証
塗膜15年 赤錆20年 穴あき25年
工事費用
230万
施工事例

川口市で屋根の破損で雨漏りのお家を火災保険を利用して屋根葺き替えと雨漏り修復工事

施工前 スレート屋根
大屋根 葺き替え ガルバリウム鋼板 横暖ルーフ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟板金交換
雨樋交換
雨漏り修理
雪止め設置
火災保険
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
20
工事費用
360万 保険認定額180万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

勾配のおおよそのはかり方

今回は川口市で一尺勾配の屋根を横暖ルーフに葺き替えます。一尺勾配とは、屋根頂点から一尺分(30.3㎝)横にはしって、下に落とした時屋根面にあたる距離が一尺の所の屋根を言います。

パミール屋根にコンパネを増し張り

9/30(水)今日のブログはパミール屋根の工事を進めていきます。パミール屋根についてはひとつ前のブログでご紹介していますのでどんな屋根なのか見ていただけたらと思います。今回の工事はカバー工法なので、既存の屋根は撤去せず、重ねていきます。それ...........

ルーフィング施工

今日は屋根材本体の取り付けと、一番大事な、壁際と屋根の取り合い部分の雨仕舞施工になります。下屋根は大屋根(最上部のメイン屋根)と違って壁とくっついています。雨は壁をつたって、縦に流れてきますので壁際の雨仕舞施工が甘いと、壁に雨水が侵入し壁を...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616