オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川口市で築30年ラバーロック屋根を金属屋根に交換します





昨日ご紹介しました
川口市のラバーロック瓦屋根を葺き替えていきます。


まず、瓦屋根と言ったらおなじみ
『瓦おろし』です。


今回も職人全員で行ってきました


瓦
瓦おろし

築30年とは思えないほど瓦はきれいでしたが
ラバーロックされていることと、
雨漏りがひどくなっているということで
金属屋根『横暖ルーフ』に葺き替えます。


瓦を降ろしていくと、
木の破片が沢山出てきていますね


これは瓦をひっかけていた瓦桟がボロボロ出てきています。


土は瓦の下に少しずつ年月をかけてほこりが溜まったものや、
棟部分に積まれていた土が落ちてきています。


瓦は降ろし始めたら絶対1日で終わらせます。
どんなに大きなお家でも1日です。

1日で終わるように職人の人数を調整して工事を開始します。
また、雨が降っては一巻の終わりです。

天気予報を厳しくチェックして絶対晴れる日に行います。
大体職人さんの携帯には天気予報アプリが入っています



下地
瓦おろし
瓦を降ろし終えると、ビニールみたいなものが見えてきました。

これはルーフィングの駆け出しみたいなものですね。
もう30年もメンテナンスなしなので、ボロボロです。
昔のルーフィングはこういったビニールのようなものでした。
技術は進化すると、常々感じます。


穴も空いていていたので
そこから雨が漏って、雨漏りになったと推測されます。



縦に走っている木の板は
『流れ桟』と言います。この流れ桟がないと、瓦から下に水が入ってきたとき
水が軒まで流れません。

こんなにさりげなくついているのに
とっても大切な役割があるのです。


ルーフィング撤去
バラ板
ルーフィングを撤去したらバラ板が出てきました。

これは昔の屋根によくある工法で、
屋根裏の湿気をバラ板の隙間から排出するために
わざと隙間をあけて取り付けられていました。

しかし、現在はルーフィングの進化もあり
湿気による腐食はあまり見られなくなったことから、
野地板という一枚の板が張られます。
(※下記写真参照)
コンパネ新設
ルーフィング
野地板を新設したら
ルーフィングを張って次の日に送ります

今年は大きな台風というより
雨が続いていますね・・・。

職人にとっては
悲しい日々ではありますが
テルテル坊主に願いをささげて頑張りたいと思います


日々冷え込みも厳しくなっていますので
お客様も体調にはお気をつけて、
もしお困りごとの際は『街の屋根やさん 川口店』
お気軽にお問い合わせください


今回も最後までご覧いただきありがとうございました


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

埼玉県蕨市のお家

川口市の皆様、こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回は、蕨市で強風によって、洗濯物干場のポリカが飛んでしまったというお客様から『洗濯が気持ちよく干せず、夕立時の部屋干しも不便だから、早く直したい。』とのお問い合わせから駆け付けさせて...........

軒天の剥がれ

川口市の皆様こんにちは!今回は以前、店舗を営んでいたお客様のお家を調査してきました。

雨漏りによる壁紙の剥がれ

川口市の皆様こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回は川口市で、新築時に増設してから30年。メンテナンスなしでお家の中まで雨漏りしているお家を調査させていただきました。お客様によると、「普通の雨では雨漏りすることはないけど、横殴りの雨...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616