オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川口市の強風による被害で、軒天換気が落ち、コロニアルにヒビの入ったお家を調査してきました





今回は川口市で
強風による被害が多くみられたお家を
調査してきました。


早速どんな被害が見られたのか、調査していきましょう


もし、ブログをご覧いただいているお客様のお家にも
同じような被害がありましたら、
お気軽に『街の屋根やさん 川口店』までお問い合わせください



強風によるるレートの割れ
コロニアルの割れ
コロニアルのヒビ

まずはスレートの割れ、ヒビの被害です。

いたる箇所にこういった
ヒビ、割れ、破片がありました。

破片も大きく、
次また強風が吹いたとき
この破片が落ちてきて人に当たったら・・・。
怖いですね

かなり劣化の進んだお家だったため
被害が大きくなってしまったとも考えられます。

ですが、
劣化の進んだお家でも
自然災害による被害には変わりありませんので申請はできます。

自然災害が起きなければ、たとえ劣化していたとしても、
まだ現状雨漏りや、破片が出るほどの状況ではなかったわけですからね




軒天換気口欠落
軒天換気口が欠落し開いてしまった軒天
軒天換気口の破片が残っている様子
二階部分の軒天換気口
次に軒天の被害です。

ご覧の通り、軒天換気口が欠落しています。
2階部分の欠落ですが、
これは2階部分の方が風の影響が大きいからです。

風通しは2階の方がいいですよね
気持ちの良い風ならいいのですが、
強風となるとこういった被害の心配があります。

『軒天なのにどうして?』と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
風は壁に当たって巻き上がります。

そうすると、勢いのあるまま軒天にぶつかります。
そのため、軒天が剥がれたり、換気口がついていると欠落する危険があるのです


今回は劣化による釘の緩みも考えられます。

定期的な点検の必要性を感じますね


棟の釘抜け
棟板金
こちらは、棟板金部分の釘の緩み、抜けの被害です。

通常、劣化による棟の釘の緩みは
均等に抜けていきます。

しかし、突風などの自然災害の釘抜けは
一部分だけ大きく抜けたり、まばらに抜けていきます。

今回は、各所抜けは見られますが
ポンっと大きく抜けている個所がありますね

他の被害の様子も見ると、強風による被害だと考えます。

雨樋の歪み
積雪による歪み
最後に雨樋の被害です。
こちらは、強風の被害ではなく、積雪の被害だと思われます。

雨樋は、熱による歪みも多く、
今回のお家は、今まで一度もメンテナンスをしたことないとのことでしたので
一枚目の歪みは、劣化によるものと考えられます。

しかし、2枚目の写真、
雨樋が下に沈んでいますね。

これは、必要以上の負荷がかかったと想定されます。
下に落ちているので、上から何かが乗っかっています。

お客様に伺ったところ
樋上に物が乗るようなことは今まで一度もなく
雪が降った時に樋に積もったことくらい。とのことでした。

雨樋は、受け皿の形状をしていますから、
どうしても雪の被害が多い箇所です。

もうすぐ雪の季節になります

もし積もるようなことがあったら
できるだけ早めの点検をお勧めします。




以上が今回の調査結果です。

火災保険は、自然災害が起きてから
3年以内の被害に適用されます。

どんなに丈夫なお家でも
天災にはかなわないこともあります。

できる限り早い段階で、処置を行えれば
大きなお金がかかることも防げます。

今後、自然災害があった際には
ご自身で確かめ、解決できない際はぜひ『街の屋根やさん 川口店』
無料点検をご活用ください


今回も最後までご覧いただきありがとうございました




この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

埼玉県蕨市のお家

川口市の皆様、こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回は、蕨市で強風によって、洗濯物干場のポリカが飛んでしまったというお客様から『洗濯が気持ちよく干せず、夕立時の部屋干しも不便だから、早く直したい。』とのお問い合わせから駆け付けさせて...........

軒天の剥がれ

川口市の皆様こんにちは!今回は以前、店舗を営んでいたお客様のお家を調査してきました。

雨漏りによる壁紙の剥がれ

川口市の皆様こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回は川口市で、新築時に増設してから30年。メンテナンスなしでお家の中まで雨漏りしているお家を調査させていただきました。お客様によると、「普通の雨では雨漏りすることはないけど、横殴りの雨...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616