オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

さいたま市でソーラーパネルのついたコロニアル屋根を屋根交換してきました



こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です

今回の工事は、さいたま市で46枚のソーラーパネルがついた、 
192平米のコロニアル屋根を葺き替えます。

台風による飛来物によって
コロニアルが割れ、下屋根から大屋根にかけて
所々割れが見られ、破片がお庭に落ちてきているとのことから
お問い合わせをいただきました。

ソーラーパネルがついている場合、
ソーラーは電気屋さんにお願いすることがほとんどです。

今回はソーラー屋根葺き替え工事ですが、塗装工事もできますので
塗装工事ご検討のお客様はこちら↓↓

施工前

太陽光パネルの取り外し
ソーラー取り外し後
施工前のソーラー部分です。
この枚数が、全部の屋根面に取り付けられていました。

取り外すと2枚目の様になります。
取り付けられていた部分には、日々の砂ホコリや、泥が入り込み
色が変化していますが、雨漏りなどの損傷は見られませんでした。
飛来物によるコロニアルの割れ
下屋根の割れ
こちらが、台風による被害の様子です。
こういった箇所が所々見られました。

今回は火災保険が適用され、こちらを工事費用にあて
コロニアル屋根を、より耐久力の高い金属屋根に葺き替えます。

街の屋根やさんでは、自然災害調査も多数行っていますので、
災害によってお家に被害が出てしまっている場合でも、
お気軽に『無料点検』をご活用ください

コロニアル屋根の上にカバー施工していきます

田島ルーフィング
田島ルーフィングP-EX

壁と屋根の取り合いには、
ブチルテープ(防水テープ)を取り付けていきます。
ルーフィングも適当に重なっているように見えますが
これにも重なり方の決まりがあり、
それに沿うよう施工します。
垂木の設置
棟部の下地に垂木を沿わせます

この垂木は棟板金を打ち付ける下地になります。
今回は、角材を使用していますが、
エコランバーという樹脂製の下地もあり、
こちらは腐食しないので、釘抜けの原因が一つ減りますね♪


今日は、明日も晴れ予報なので、今日はここまでです

明日からは役物の取り付けから、
本体の取り付けまでを行っていきます。

明日からは寒波が来るといわれていますね・・・

もうすぐ年末、
皆様も。お体には気を付けてお過ごしください。

屋根、壁のお悩みは『街の屋根やさん 川口店』まで
お問い合わせください

今回も最後までご覧いただきありがとうございました


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ルーフィングの切れ目に気密テープ

今回は川口市で以前ブログでご紹介した0.3寸勾配の立平屋根の本体施工をしていきます。使用した屋根材はセキノ興産の立平ロックです屋根が生まれ変わりますのでぜひ、最後までご覧いただけたら嬉しいです(^^)/それでは見ていきましょう

ルーフィング完

今回のブログではトップライト(天窓)のある屋根を金属屋根に葺き替えていく工程をご紹介しますトップライトのあるお家って自然光も入ってきておしゃれですよねしかし、実は雨漏りの原因になることが多い箇所です。どうしてもトップライトがあることで雨仕舞...........

勾配のおおよそのはかり方

今回は川口市で一尺勾配の屋根を横暖ルーフに葺き替えます。一尺勾配とは、屋根頂点から一尺分(30.3㎝)横にはしって、下に落とした時屋根面にあたる距離が一尺の所の屋根を言います。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616