オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川口市にて横暖ルーフを使った葺き替え工事、棟板金施工のご紹介です


瓦の雨漏り状態
まず既存の屋根の状態です。
飛び込みのリフォーム会社が突然来てブルーシートを張っただけで以降連絡が取れないとの事で、屋根に上がってびっくりです。
水の流れ、屋根の構造、雨仕舞、何もわかっていないようでとても残念です。
調査に伺い、既存の状態を写真をお見せしながら丁寧にご説明させていただきました。
日本建築を象徴するような立派な和風のお家です。下屋はありますが、大屋根は形状も切妻で手入れもとてもしやすいですね。

余談はおしまい。本題の棟板金施工です

棟板金の施工風景
こちらは棟板金の施工風景です。
棟板金は貫板のわきに、現場に応じて釘やビスで留めていきます。
釘の場合には、金槌を少しでも外してしまうと板金を凹ませてしまいやり直し。
最後の最後でこれをやるとがっかりします。
とっても地味ですがこれもまた熟練した技術が必要なんです。
ビスの場合はパッキンといって水の侵入を防ぐゴムを、板金とビスの間に挟みます。
昔は必ず釘でしたが時代とともにいろいろ変わっていくんですね。
棟の下地の貫板施工
貫板の施工風景です。
貫板は真っすぐ施工しなくてはなりません。
この工程が曲がっていたり、うねっていると完成した時に棟板金が曲がってしまいます。
これをやってしまうと他をどんなにきれいに施工していてもパッと見てへたくそです。
最もやってはいけません。
写真のようにまっすぐ施工していきます。
私の心のようにまっすぐにですよ。(笑)
金属屋根の棟板金下地施工
こちらは上の写真とは逆から撮った貫板の写真です。
写真というのは怖いもので実際は曲がっていても角度によっては真っすぐ見せれたりします。
このようにどこから撮っても真っ直ぐに見えれば大丈夫です。
上手ですね
雨押え板金施工
棟ではないのですが棟板金と同時に納める雨押えです。
リフォームは各お宅の構造、経過年数による劣化の違い等により本当に納め方が様々です。
頭を使い、工夫を凝らし、技術を駆使して納めていきます。
ここも上手ですね。きれいに納めてます。
合格です
棟板金の施工で金属屋根
綺麗に納まりましたね。
棟板金の施工と一言にいうのは簡単ですがこの一日の作業にも様々なドラマがあるんです
それでは、またお会いしましょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したコロニアル

今回は川口市でコロニアルの色あせや、苔が気になり、塗装の効果もないに等しいお家を、金属屋根に葺き替えます。塗装工事も可能ですが長い目で見たときに、金属屋根へ葺き替えた方が先々のメンテナンスコストが浮くため、葺き替えのご提案をさせていただきま...........

棟木の取り付け

前回のブログでは、棟木まで設置しました。今回は、最終段階、屋根本体を付けていきます

ライナルーフを張り終えた

前回、川口市で苔の生えたコロニアルにライナルーフ(ルーフィング)張ったお家に今日は、金属屋根材を取り付けていきます。今回はニチハの『横暖ルーフ』を使用しました。この金属屋根を付ける前の、防水処理がとても大事になってきますのでこだわりをご紹介...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616