オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

古くなった瓦棒屋根の点検に行ってきました


今回は、屋根点検のお話しです。

築年数が増えてくると、心配になるのが屋根です。
屋根には様々な種類があります。屋根の形状によっては、施工技術は必要とされますので、
屋根に関しては、DIYで済ますことが難しい箇所と言えます。

さて、今回のお客様は、台風で雨樋が破損してしまったご相談が始まりでした。
築30年のお家に住まれていたことから、屋根の状態が気になるとのことでした。

僕が心掛けているこは、大事なお家の現状をお客様にお伝えすることです。
出来るかぎり写真を撮ります。

屋根の全体写真、破損箇所の写真などです。
撮った写真はその場でお客様にお見せします。
写真で確認しながら説明させて頂いてます。

皆様、大変判りやすいと喜んで頂いてます。

お家の無料診断も行っていますので、お気軽にお電話ください。

街の屋根屋さん 川口店 店長木藤まで

瓦棒屋根、屋根点検
屋根全体写真です。

塗装がされていたことから、錆等はありませんでした。

よくお客様が言われることは、遠く離れないと屋根見れないのよ。
間違いありませんよね。お家の隣に何か大きな建物でもないと見ることは難しいです。
瓦棒屋根、棟板金浮きあがり
この屋根は、瓦棒屋根と言います。

縦葺きなのが特徴です。
写真は、棟板金が浮き上がってしまってる写真です。
棟板金の下 貫板もかなり水分が含んでました。
貫板が劣化してくると、棟板金を止める釘が抜けていきます。
写真の右側 釘が無いのが分かると思います。

瓦棒屋根、屋根点検、板金の浮きあがり
棟板金が浮いてしまってます。

近年では、台風の威力が増してきています。
突風で棟板金が飛んでしまった。
このようなお話し、残念ですが、よく聞きます。

強風が吹くたび、お家の屋根が心配になるお客様が多いです。
なんとか、そんな悩みから解放させてあげたい。
そう心から願っています。
お客様のお役に立てられるよう頑張ります。。
屋根点検、瓦棒屋根、釘浮き
棟板金の釘浮き写真です。

釘浮きが15箇所確認できました。
釘が浮いてしまう理由は、貫板が劣化してしまい、釘が効かないことが考えられます。

是非やって頂きたいことは、建物診断です。

建物の周りや、2階の窓から見えるところは確認しやすいですが、屋根には、簡単には登ることは出来ない場所です。
当店では、建物診断を無料で行ってます。
是非一度、大事なお家の現状を調べることをお勧めします。
破損箇所がなければ、安心できますし、状態が悪い箇所があれば、対応策を考えられます。
いつまでも、安心して暮らせるお手伝いをさせてください。

誠心誠意対応します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したコロニアル

今回は川口市でコロニアルの色あせや、苔が気になり、塗装の効果もないに等しいお家を、金属屋根に葺き替えます。塗装工事も可能ですが長い目で見たときに、金属屋根へ葺き替えた方が先々のメンテナンスコストが浮くため、葺き替えのご提案をさせていただきま...........

棟木の取り付け

前回のブログでは、棟木まで設置しました。今回は、最終段階、屋根本体を付けていきます

ライナルーフを張り終えた

前回、川口市で苔の生えたコロニアルにライナルーフ(ルーフィング)張ったお家に今日は、金属屋根材を取り付けていきます。今回はニチハの『横暖ルーフ』を使用しました。この金属屋根を付ける前の、防水処理がとても大事になってきますのでこだわりをご紹介...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616