オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川口にて、ラバーロック後、雨漏りした瓦屋根を検証してきますた。


瓦を剥がして下地の状況を調べました。

雨漏りしているラバーロック
雨漏りしたラバーロック
ラバーロックの瓦
今回、雨漏りの被害を受けた瓦屋根のご自宅の写真になります。
屋根全体がラバーロックされていますね。
お客様は、数年前に屋根全体のラバーロックの工事を勧められ工事を行いました。ラバーロックをする事で、雨漏り・強風・地震に強くなると説明を受けていたそうです。
こういった事例は、少なくありません。間違った工事を行えば、雨漏りの危険性は何倍にも膨れ上がります。お金を払って雨漏りの危険性が上がってしますなんて、本当残酷な話です。なのでラバーロックは、正しく行って頂きたい。しかし、ラバーロックを行う業者は、素人業者も多いのが現実です。なぜなら、誰でもやろうと思えばできる工事だからです。
はじめの方に言います!ラバーロックは、リフォーム会社ではなく、プロの屋根屋さんにおねがいしてください!!
では、今回の屋根を見ていきます。
雨漏りしたラバーロック
見た目は綺麗に打たれてるラバーロックです。どこから雨が漏っているのかわかりませんね。と、なりがちですね。
瓦が透けていれば何処に原因があるのかわかるのですが、そのような瓦は滅多にありません。あるのと思ったあなた!私も初めて見た時は感動しました。透明な瓦はあるんです。その屋根では、明かりとり用の瓦で使われていました。余談すいません。
雨漏りの原因は、本当些細な所からです。
では、一部瓦を剥がしていきます。
水がしみた屋根
瓦を剥がしてみると水染みがありますね。
先日、小雨が降っていたので雨が入ったと思われるます。
小雨で雨が浸入してるということは、大雨の時は大量に浸入していてもおかしくありませんし、雨漏りする可能性があります。
何ヶ所か開けてみましたが、同じ現象がみられました。
なぜ、このような事になるのか?

ラバーロックの瓦
ラバーの打ちすぎが考えられます。
ラバーの打つ場所は、瓦の一番高い山部が基本ですね。写真は、谷部の中まで打っています。雨が一番多く流れる場所に手を加える施工は、よくありません。リスクが増します。
ラバーで堰き止められた水は裏に回ってしまうのです。
コーキング処理は、少し間違っただけでも雨漏りに繋がってしますので、プロへのお願いをお勧めしたいです。
今回は、このラバーロック切ることをお勧めしました。
駄目なラバーロック
最後に、とんでもないラバーロックを紹介します。
これは絶対にやってはいけない工法です。
瓦を全て止めています。仕事が汚いのは置いといて、全て止めてしまうとどうなるのか?
はじめのうちは、全て塞がっていれば雨が入ることはありません。しかし、年月が経ちラバーが切れた時、そこから入った水は外へ抜けることができず、浸透し続けます。
今はしなくても確実に雨漏りします。
何回も言います!ラバーロックは専門業者にお願いします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ルーフィング施工

今日は屋根材本体の取り付けと、一番大事な、壁際と屋根の取り合い部分の雨仕舞施工になります。下屋根は大屋根(最上部のメイン屋根)と違って壁とくっついています。雨は壁をつたって、縦に流れてきますので壁際の雨仕舞施工が甘いと、壁に雨水が侵入し壁を...........

瓦棒屋根劣化

今回のお家はベランダが下屋根の真上にあるお家の、下屋根を工事させていただきます瓦棒屋根から立平屋根へのカバー工事です。今回は、下屋根に室外機やベランダがついており狭い部分の施工も必要となりましたが、工夫を凝らしてきれいに葺いていきますので、...........

劣化したコロニアル

今回は川口市でコロニアルの色あせや、苔が気になり、塗装の効果もないに等しいお家を、金属屋根に葺き替えます。塗装工事も可能ですが長い目で見たときに、金属屋根へ葺き替えた方が先々のメンテナンスコストが浮くため、葺き替えのご提案をさせていただきま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616