オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大雨の時だけ雨漏りするのはどうして?





この時期、お天気が不安定で、
ゲリラ豪雨や台風が増えてきますね

そんな時に、
『あれ?なんかここ、雨漏りしてる?』
『普段は大丈夫なのに・・・。』

こんなことはありませんか?

その症状、
放置すると大変なことになるかもしれません・・・


大雨の時にだけ雨漏りする原因は何なのか
今回はご説明していきます。


大雨時にだけ雨漏りする理由とは・・・。



大雨の時に雨漏りするのは、これから屋根の劣化が進行していくサインかもしれません。

多くの理由としては、
*屋根のひび割れ
屋根材によっては、ひびが入ってしまうものがあります。
コロニアルや、瓦屋根にひび割れが多いですね
多少の衝撃で割れるものではありませんが、
台風時の飛来物や、地震の影響で割れてしまうことがあります。
屋根は一番高い箇所ですしなかなか自分の目で確認できないので、
放置されがちです。

*棟部分の破損
棟板金は屋根の頂点になります。風や雨の影響を一番受けますし、
金属なので温度差で膨張伸縮を繰り返し、浮きやすくなります。
そうなると、そこから雨水が侵入し、雨漏りにつながります。

*コーキング材の劣化
コーキング材は基本10年が寿命です。
しかし、あまり目が届かず、そこからひび割れが生じ雨水が侵入する可能性があります。

*下地材の一部分の痛み 
→下地材であるルーフィング(防水シート)が傷んでいなければ基本雨漏りはしない仕組みになっています。
大雨時にのみ雨漏りが気になるということは、
たまたま普段はその傷んだ部分に影響はなかったが、
大雨になると影響が出てしまう状況だと思われます。
ということは、現段階では大丈夫かもしれませんが、少なからず雨漏りに繋がっていきます。


何が。どこが。という原因の特定は、
専門業者でもなかなか難しいところではありますが、
大体の原因はこの4つなことが多いです。


現在は大きな問題ではないかもしれませんが、
何年と放置しておくと屋根全体に広がり大きい工事になりかねません。


屋根は自分たちの目では、あまり確認できないことから、
知らない間に劣化が進行している場合が多いです。


少しでも異変を感じたら、専門業者に点検を依頼するのが、賢明です

まとめ



以上が大雨時にだけ雨漏りが気になる大まかな原因のご紹介です。


屋根はどうしても、お客様の目で確認するのが難しい箇所です。
しかし、お家を守る重要な箇所でもあります。


お手数かと思いますが、
昨今異常気象続きでもありますし、
大事なお家に安心して長く住めるよう、
放置せず、点検に踏み切っていただけたら幸いです


今回も最後までご覧いただきありがとうございました


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616