オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の葺き替え、葺き直し。何が違うの?




屋根工事には、塗装工事や棟板金の張替え、雨樋交換など、
様々な工事があります。
その中でも屋根工事のメインは
『葺き替え工事』と『葺き直し工事』です。

今回は
この似た名前の工事の違いについてご紹介したいと思います



『葺き替え』

和ら屋根をガルバニウムに葺き替え
葺き替え工事とは、
既存の屋根をはがし、新しいものに一新する工事の方法です。

屋根全体が新しいものへと生まれ変わるので、
自宅の雰囲気も変化し、気持ちが高まること間違いなしです

また、屋根の下地の状態を確認できるのもメリットです。
下地は、何より屋根の基盤ですので、大切なお家に寄り添えるいい機会となりますね


しかし、
屋根材の撤去、新設とかなり大掛かりな工事になりますので、
費用と期間は、かさみます。


築20年~30年ほど、またはそれ以上のお家で
一度も屋根のメンテナンスを行ったことがなく、
少しおうちの状態が気になるような変化がある場合、
葺き替え工事も念頭に、屋根点検を行ってみるのが適作かもしれません


スレート屋根をカバー工法でガルバニウム屋根に
重ね葺き工法も
屋根を一新させるといった意味では
葺き替え工事になります。

しかし、
一つ大きく違う点は、
既存の屋根を撤去しないことです。

今ある屋根の上に、
野地板、もしくは防水シートを重ね、
新しい屋根材を葺きなおす工事方法になります。

カバー工法のメリットは
廃材が出ないので産廃処理費用がかからずコストが少し抑えられます。

デメリットとしては、下地などが腐食していた場合、
腐食部を無視して、上にふたをしてしまう形になるので、
その腐食した部分が気づかぬうちに拡大し、おうちの劣化を速めてしまう危険があります


カバー工法を行う際は
信頼できる業者に点検をしっかり行ってもらってから判断することをお勧めします

もし、大事な点検を
街の屋根やさん 川口店にお任せいただけるようでしたら、
ぜひ、屋根の無料点検をご活用ください



『葺き直し』

コロニアルの差し替え
葺き直し工事とは、
割れてしまった瓦や、スレート、
屋根材の浮きや、ずれなどを部分的に新しくする方法です。

上記の画像は、お客様との商談上、
違うカラーのものを差し替えていますが
基本は同じ屋根材で葺きなおします。

一部のみの交換や補修ですので、
コストもそこまでかからず、工期も短くて済むので
ストレスが少なく行える工事方法かと思います。

しかし、
部分補修に新しいものを用いる場合、
古い屋根だと、形状や寸法が合わない場合があり、
そこの確認を怠ると、雨漏りなどを引き起こす原因にもなりかねません。

職人さんや、営業さんとの相互の確認はしっかり行いましょう




以上が『葺き替え工事』と『葺き直し工事』の
大きな違いになります。

似たような言葉でも
意味合いは大きく変わってきますよね

屋根工事を進めるうえで、意味を知っていると安心感も違うと思います。

この記事が
少しでもお客様のお役に立てたら嬉しく思います。

今回も
最後までご覧いただきありがとうございました。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616