オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

葺き替え工事に向く家、カバー工法に向く家。




葺き替え工事は、
下地から屋根材までのどこかの工程で撤去作業があり、

重ね葺き工事(カバー工法)は、
撤去作業はなく、既存の屋根に新しい屋根をかぶせる工事になります。

今回のコラムでは、
葺き替え工事、重ね葺き工事(カバー工法)のどちらの工事が
お客様のお家に向いているか確認して頂けるよう、
ご紹介していきます



『葺き替え工事が向く場合』

・現在、瓦屋根である。
→基本的に瓦屋根は、重ね葺き工事が難しいとされている屋根材です。
また、瓦はもともと重量のある屋根材なので、その上にまた新しい屋根をかぶせるとなると
より重量が増え、建物にかかる負荷が大きくなります。
そうなると、耐震性も不利になりますので、瓦屋根は撤去し新しい屋根を新たに葺く、葺き替え工事がお勧めになります。

・すでに重ね葺き工事(カバー工法)でリフォームしたことがある。
→すでに重ね葺きしている場合、屋根が2つ乗っていることになります。
そこへ、さらに重ね葺きをするとなるとまた重量が・・・。
この理由は、現在瓦屋根である場合と同じですね

・下地が劣化している可能性
→築年数が20~30年以上経過しており、一度もメンテナンスなどをしていない場合
下地が劣化している可能性があります。
その場合、重ね葺き工事をすると2つ分の屋根を支えているのは、
劣化した下地ということになります。想像してみてください・・・少し不安ですよね。
この場合は、下地も直接点検、交換できる葺き替え工事がお勧めです。

・雨漏りが発生している
→雨漏りが発生しているということは、
すでに問題は屋根材本体から、下地へと拡大しているということです。
この場合も、下地から交換できる葺き替え工事がお勧めです。


『重ね葺き工事(カバー工法)が向く場合』

・下地の劣化や耐震性の不安がない。
→下地の劣化がなければお家の強度は保たれます。
また、既存の屋根が、スレートやアスファルトシングル材の場合、もともとの重量もそこまでありません。
そのため、屋根を新たに重ねても建物に影響なく新しくすることができます。
また、屋根が二重になるので、雨漏りなどもしにくくなります。

・費用を安く抑えたい。
→葺き替え工事の場合、撤去工程がありますので、
リフォーム費用以外に、産廃処理費用が掛かります。
しかし、重ね葺き工事(カバー工法)の場合、既存の屋根の上に重ねるだけなので
産廃物が出ず、コストを削減できます。

・2004年以前のスレート屋根のため、アスベストの飛散が心配。
→2004年以前のスレートは、アスベスト(石綿)という有害物質が含まれています。
屋根に使われている分には、あまり人体への心配はありません。
しかし、葺き替え工事をするとなると、屋根をはがしていく際に舞い上がるほこりなどに
アスベストが混ざって飛んでいくことがあります。
お隣のお家が近い場合などは、後尾近所に迷惑が掛からないかと心配になることと思いますし、
まず第一に、お客様ご家族への影響が心配だと思います。
その場合は上から屋根をかぶせる、重ね葺き工事(カバー工事)の方が飛沫するものもなく安心感があります。

もし、葺き替え工事をする場合は、有害物質産廃の有資格者がいるような会社にお願いするのもいいかもしれません。

・工期が短く終わる。
→葺き替え工事の場合、撤去作業がありますが、
重ね葺き工事の場合、そのまま重ねる形なので撤去にかかる分の日数が少なくなります。
※工期については、またのコラムでご紹介します※
リフォーム工事中は、普段の日常からかけ離れた期間になります。
近隣への迷惑や、騒音などでストレスも溜まるかと思います。
工期が短くなるのは、メリットかなと思います




以上、葺き替え向き、重ね葺き向きのご紹介でした。

いかがだったでしょうか?

まずは、
お家の状態確認が一番大切になります。

お家の状態を知ることが、正しい判断への第一歩です。

ぜひ、屋根点検を行ってみてください

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616