オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏りが一番危惧される場所とは?




雨漏りした際、一般的には『屋根材の劣化、破損で雨漏りする』と言われます。

しかし、
実際には屋根材本体が原因の雨漏りは少なく、
雨仕舞いという、屋根と屋根がくっついている部分や、
壁と屋根の取り合い部分が雨漏りしやすくなっています


特に、谷樋や天窓のあるお家は、雨漏りのリスクが高いです。

なぜリスクが高いのか説明していきます。


まずは谷樋とは何か理解しよう!



皆さん天窓は何か想像がつきやすいと思います。

あの、天井から自然光が入ってくるおしゃれな窓ですよね

しかし、『谷樋』とは聞きなれないのではないでしょうか。


谷樋は、あるお家、ないお家があります。
簡単に言うと、
切妻屋根などの単純な屋根にはなく、
複合屋根など沢山の屋根がくっつきあっているような屋根にあります。

写真で見るとこんな感じですね

切妻屋根と複合屋根

この谷樋とは
屋根が谷構造になることで排水機能の役割を持ちます。

またどの屋根材の場合でも
板金が用いられます。

それでは
どうして雨漏りしやすいのか、
何が原因なのか見ていきましょう!


どうして雨漏りしやすいの?



谷樋とは
文字通り谷型の形状になっています。

山を思い出してください。
上から落ちてくる雪解け水や、雪は
谷形状である川に集まりますよね?

屋根も同じで、谷樋部分は
どうしても雨水や雪が集まりやすい場所になっています。

屋根のどの部分よりも雨水や雪の負担を受け続ける谷樋は、
劣化や腐食が早く雨漏りの原因になってしまいます。


雨漏りの原因は・・・?


①経年劣化による変形
→谷樋は板金で施工されていることが多いです。
時が経つにつれ、常に外にさらされている屋根板金は歪んだり、曲がったりすることがあります。

結果、雨水がスムーズに排水されず谷樋に水たまりができます。

想像できる通り、
水がたまり続けることは、屋根にダメージを与え続け、サビや穴あきを引き起こします。

特に勾配の緩い屋根においては、
この水たまりができやすく雨漏りしやすいといわれています。


②オーバーフロー
→オーバーフローとは雨水が排水しきれず溢れてしまうことです。

谷樋の機能が低下すると
雨水が排水しきれず逆流を引き起こし、屋根材と下地の間に雨水が侵入します。

これを何度も繰り返すと谷樋部分を中心に屋根全体に広がって
最終的に雨漏りを引き起こします。

オーバーフローは豪雪時に雪が谷樋に集中して積もる場合や、
排水を受ける雨樋の集水器にゴミが溜まっている場合も発生しやすいです。

急激なゲリラ豪雨でも起きやすいです


③DIYによる谷樋修理
→誤ったDIYによる修繕を行うことで雨漏りが発生したり悪化することがあります。

屋根に上がってみると
谷樋と屋根材の隙間がかなり空いているように見え
『ここが雨漏りの原因だっ!』と思う方が多いようです。

しかし、そこをコーキングなどのシリコン材やビニールを挟んで隙間を埋めると
排水が上手にできずより雨漏りの悪化を拡大させます。

谷樋の修繕は専門業者にお願いするのが賢明な判断といえます




いかがだったでしょうか?

『え、うち、谷樋あるけど大丈夫かな・・・。』と心配になったお客様もいるかもしれません
しかし、必ずしも雨漏りするわけではなく
定期的なメンテナンスにより防げます。


もし心配なことなどございましたら
お気軽に街の屋根やさん 川口店までお問合せください(^^)/


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616