オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨樋の役割って何?



『うちの雨樋は大丈夫かな?
『雨樋のデザインどうしようかな?』など
雨樋について考えたことのある方はどのくらいいるでしょうか?

雨樋は軒先にひっそりと付けられたあまり目立たない部材です。
しかし
この雨樋がないと屋根から流れてくる雨が地面にそのまま叩きつけられ
地面に穴をあけたり、外壁を汚してお家の劣化を速めてしまいます


今日は、
雨樋の役割について理解を深めていただき、
ご自宅の雨樋に愛着を持っていただけたらなと思います



雨樋の交換工事

雨樋の役割



雨樋は屋根に降った雨水を一箇所にまとめ、
管や鎖を伝って排水設備に流す役割を持っています。

これによって、
屋根から落ちた雨水が建物の外壁や土台を痛めることを防いでいます。

雨樋の歴史


雨樋の起源は、奈良時代と言われています。
すでに、奈良時代と聞いただけで昔からずーっと必要とされてきたのがわかりますね

昔は、住宅では雨水を集め、飲料水など生活用水として利用するための『懸樋(かけとい)』と言われるものや、
神社やお寺では、現在と同じように屋根から雨水を排水するためのものとして木製のものがありました。

現在のような雨水を排水する役割の雨樋で、
日本の最古といわれるものは『東大寺三月堂』の木製と言われています。

こんなに昔から必要とされてきた雨樋が
大切ではないわけありませんね


もし雨樋がなかったら…。


もし雨樋がなかったり、詰まったりしているとこんなトラブルが発生します・・・。

①屋根に降った雨水は、屋根の勾配に沿って下に流れます。
 雨樋がないとすべてが軒下に落ち、跳ね返った雨水や泥で外壁が汚れます。
 また、外壁や基礎にヒビなどがあると、その跳ね返った水が建物内部に入り込む可能性があります。

②地面の排水機能が十分ではない場合、
 屋根から地面に流れ落ちる雨水で家の周囲は常にじめじめと湿った状態になります。
 この湿気があると、外壁にはコケやカビが生えやすくなり建物の外観を損ないます。
 また木材は腐食しやすく、湿気を好むシロアリの餌食にもなりやすくなります。
 シロアリが発生すると建物全体に危険を及ぼすので、避けたいトラブルです。

③雨樋のない家は『軒の出がない家』でもあります。
 軒は雨樋と同じように、雨から外壁を守る役割があります。
 屋根と外壁のつなぎ目は非常に雨漏りしやすい箇所だが、軒がないとこの部分が雨ざらしとなり、
 雨漏りの危険が高まります。

結論!!


結論、
雨樋は建物の耐久性を高めるのです

いかがだったでしょうか?

雨樋は目立たない中で、一生懸命お家を守る縁の下の力持ち的な存在なのです。

ぜひ、
ご自宅の雨樋の状態を確認して頂けたらと思います。

もうすぐ埼玉県も梅雨があけそうですね。
ぜひ晴れ間が多い時期に屋根工事、雨樋工事をご検討頂けたらと思います。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616