オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根が教えてくれる!補修のサイン~金属屋根編~


金属屋根の補修サイン



①屋根表面の色あせ
→金属屋根も、スレート屋根と同様に表面に塗装が施されています。
現在は、質の良い塗膜が施されているため、メーカによっては塗装の保証期間がついていることもありますが、
永久的なものではありません。
屋根が色あせてきたら、塗装が剥がれてきているサインです。
金属屋根の場合、色あせを放置すると、サビが発生し全体に広がってしまうので早めの補修が必要です。
色あせの場合は塗装補修で大丈夫かと思います。




金属屋根 色あせ 


②屋根表面にサビが見える
→塗装が剥がれてしまったり、強風などで飛来物が当たって傷ができてしまうと、
そこから屋根がサビてしまうことがあります。
近年主流のガルバニウムは、犠牲防食機能という少しサビても、塗膜に含まれる亜鉛が溶け出してかさぶたの様に保護してくれる機能があり、サビにくいといわれていますが、メンテナンスは必要です。
何もしなければ普通にサビてしまいます。
屋根材がサビると、耐久力も一気に落ちるので、サビた部分に穴が開き雨漏りの原因になります。
金属屋根 サビ


③屋根材の浮きや剥がれ
→瓦棒屋根という何枚もの金属板をつなげて作った縦葺きの屋根は、固定の部分が経年劣化で緩んでしまった場合、
屋根材が浮き上がってしまうことがあります。
浮き上がった金属屋根は、強風などで捲かれて飛んで行ってしまったり、吹き飛ばされてしまう危険があります。
怖いですよね・・・。
このような浮きや剥がれが見られた場合は、葺き替え工事、または重ね葺き工事がおすすめです。


以上が、金属屋根の補修サインになります。

いかがだったでしょうか?

金属屋根は、技術の進化とともに普及率も上がっています。
性能もよく、メーカーによる保証の付いた商品も多くあります。

また、どの屋根材よりも選べる種類、メーカーが多く選択の幅が広いのもうれしい点です。
サイトによっては、メンテナンスフリーと書かれていることもしばしば・・・。

しかし、メンテナンスしなくていい屋根はありません。

屋根も大切なお家を守るため、危険信号を必死に送っているのです。

どうか、無視せず、メンテナンスを検討してあげてください。

ご検討いただけるようでしたら
ぜひ、街の屋根やさん川口店の無料点検をご活用ください。

いつでも、お問い合わせお待ちしております

今回も、最後までご覧いただきありがとうございました。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616