オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

目地補修に使われるコーキング。実は種類が色々あった!?


外壁、屋根での使用用途



①サイディングのひび割れを防ぐ
→サイディング壁は、サイディングボードを外壁下地に張り付ける工法で施工します。
現在多く使われているサイディング材は、窯業系サイディングという、
セメントと木質系成分を混合したものが多く使われています。この材料は、気温の変化で膨張したり、地震の揺れで負荷がかかったりするとひび割れや破損を引き起こす可能性があります。
そこで、『目地』と呼ばれる隙間にコーキング材を打ち、サイディングへの負荷を軽減します。
現在は、金属サイディングなど、窯業系以外にも新たな素材があり、目地を打たないものもあります。


②接着剤として建材を固定する
→屋根工事では、棟板金の長さを出していく際にコーキングを打ち接着剤代わりにします。
また、棟板金の施工をする際、棟が飛ばないようビスなどで止めますが、そのビスを打った上にコーキング材を打つことで、飛散防止の効果を持ちます。

瓦屋根などでは、ズレを補修する際にコーキング材を接着剤として使用することもあります。


③応急処置
→雨漏りが起きている場合、その劣化箇所をコーキング材で埋めることができます。
雨漏りの原因となりやすい、金属屋根などの穴あきや、屋根や外壁のひび割れ、雨仕舞部のコーキング破損部にコーキングを打ち、埋めることで、多少の雨漏りなら一時的ではありますが対処できます。
雨漏りで、下地に水分が回ると建物の寿命も短くなってしまいますので早めの対処が必要です。


コーキングの種類


コーキングの種類は基本4種類になります。

①シリコン系
→シリコン系は耐久性、耐候性、耐熱性に優れます。
硬化しても弾力性を持ち、ガラス類によく接着します。
また、比較的安価でコストパフォーマンスがいいのも特徴です。
主に、ガラス周り目地、浴室、浴槽、キッチン回りなどの水回りに使用されます。

デメリットとしては、打った際にシリコンオイルが出るため、周辺が汚れやすく上から塗装ができません。


②ウレタン系
→ウレタン系は、耐久性が非常に高いのが特徴です。
硬化してもゴムのような弾力性を持ち、密着性が高いメリットもあるため外壁のひび割れや目地の補修によく使用されます。
しかし、耐候性が低く、紫外線に弱い、また、ほこりが吸着しやすいので屋外で使用する場合は塗装での保護が必要になります。
塗装後に汚れにくい、ノンブリードタイプがあるのも良い点です。


③アクリル系
→アクリル系は、水性タイプで作業のしやすさNO,1です。価格も比較的安いです。
また塗装もでき、湿った場所でも使用できます。

デメリットとしては硬化後に肉やせがおきることが多く、耐久性が悪いです。
日当たりが良い場所だと、10年ほどでひび割れになるといわれています。
1980年時代に多く取り入れられたと言われています。現在はあまり使われていません。


④変成シリコン
→変成シリコンは、シリコンとあるのでシリコン系と同じに思われがちですが、含まれる素材が全然違います。
変成シリコンは、ウレタン樹脂を原料としたもので、耐候性、塗装性に優れていることから、様々な用途に使用されます。また塗装しなくても耐久性はあり、本体自体もカラーバリエーションが豊富です。
デメリットとしては、価格が高めで、シリコンよりは耐久性が劣ります。
価格が高いからいいものということではなく、使用用途によって変わるのでご注意ください。




以上がコーキングの使用用途、種類になります。

コーキングも、どれだけ高い耐久性があったとしても
必ず経年の劣化でひび割れたりします。

これを放置すると、
いずれ雨漏りの可能性を高めますので早めの対処が必要です。

対処が遅れると、
被害が拡大しもっと大掛かりな工事になってしまいます。

気になることなどございましたら、
お気軽に、街の屋根やさん 川口店にお問い合わせください

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616