オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁が教えてくれる!劣化のサイン


外壁劣化の主な原因とは。



①紫外線や熱
→外壁の塗膜は、紫外線や熱を浴びることにより塗料の成分が分解されて劣化の進行が早まります。
よく日の当たる南側は、あまり日の当たらない北側よりも劣化が早いです。
また外壁の目地に打たれるコーキングのひび割れなどにもつながります。


②雨や風
→雨や風が当たり続けることによって外壁周辺に湿気がこもることによって苔やカビが繁殖しやすくなります。
また、ほこりや汚れの原因にもなります。
また一時期問題になった酸性雨の影響などでサビを進行させたりします。


③動物による被害
→先ほどの雨などの影響で、外壁近くに湿気がたまることにより、湿気が大好きなシロアリが住み着きやすくなります。
また鳥などの糞によって汚されたりすることも外壁劣化につながります。


④塩害
→海岸付近にお住いの場合、潮風による影響で金属サイディングなどの外壁はサビの原因になります。


⑤地震、道路工事、車通りなどの震動
→地震などの揺れや振動で、外壁にひびが入ることがあります。
モルタル壁などが特に被害を受けやすいです。
ひびが入るとその隙間から雨水などが入り込み下地の劣化につながってしまうこともあるので要注意です


劣化のサイン、症状



①外壁の変色
→外壁に使用される塗料は、紫外線によって成分が分解され色あせが発生します。
外壁の色が濃いお家ほど退色が目立ちやすくなります。

また、手で外壁に触れた際に、白い粉がつくチョーキング現象による退色と
雨などで流されてしまう退色とがあります。

どちらにせよ、塗膜による外壁の保護機能が低下していることに間違いはないのでメンテナンスが必要です。


②ひび割れ
→原因にあったように、モルタル壁や窯業系サイディングの場合、
地震などの揺れでひび割れが起きる可能性があります。
このひび割れを放置すると、雨水の侵入などにより、建物全体に影響をもたらす場合がありますので注意が必要です。


③汚れ
→換気口の近くなど(特にお風呂場の換気口)では水分を含んだ空気が出てくるときに外気と触れて、水滴となって外壁に滞留します。そうするとそこにコケが繁殖したりして外壁を汚します。
苔が多く繁殖すると外観も損ないますので、せっかくきれいなお家を台無しにします。
洗浄や塗装などのメンテナンスをお勧めします。


④コーキング目地の亀裂
→コーキングとは窯業系サイディングの外壁などに打たれている、弾力のある素材のことです。
この目地は、紫外線を浴び続けたりすると劣化して、ひびが入ります。
これを放置すると剥がれ落ちることもありますので、コーキングの打ち直し、打ち増しなどの補修工事をお勧めします。




以上が外壁の出すメンテナンスサインになります。

いかがだったでしょうか?

見える部分の大半を占める外壁です。
汚れてくるとどうしても気になりますよね・・・。

しかし、どうしてもお金のかかることです。
放置してしまうこともあるかと思います。

でも、その放置がより大掛かりな工事の引き金になってしまうかもしれません。

まずは点検だけでもご検討していただけたらと思います。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616