オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

火災保険で屋根工事が行えるってホント?




屋根工事は決して安いお買い物ではありません。

できれば少しでも安く済ませたいですよね!

ここで知っておきたい知識が『火災保険の適用』です

火災保険という名前では想像できませんが
火災保険は、『火災・落雷・ガスなどによる爆発・風災』に適用されます。

特に屋根工事での適用が多いのは
『風災』です。

風災というのは
台風、ひょう、あられ、大雪などの被害によるものです。
<※下記にて詳しくご説明しています。>



この自然災害は近年多くなり被害を受けているお家が増えています。

火災保険を賢く使い、屋根工事を行っていただけるようご紹介していきます


火災保険が適用される条件


①『風災』だと認められること。

②屋根修理が必要になってから3年以内であること。

③屋根修理の費用が20万以上であること。

④保険の申請は必ずお客様本人が行うこと。


この4つの条件が揃うことで、
火災保険会社から保険金が渡されます。

また、修理費20万って高くない?と思われた方もいらっしゃるかと思います。
しかし、屋根工事の場合、足場を組んでの工事となるため、
基本どんなお家でも足場代だけで10万は越えます。
そこに修理費用を加えると20万くらいにはなりますので決して高い金額ではありません
ご安心くださいね



風災とは詳しく見るとどういう被害?



風災とは、
『台風・強風・ひょう・あられ・大雪』などの自然災害のことです。

これらの影響で以下のような屋根状態になると『風災』として認められやすくなります。

・雨漏り ・棟板金の浮き ・釘、ビスなどの浮き ・屋根のズレ、割れ
・漆喰の崩れ ・雨樋の破損

この中でも『棟板金』に関しては強風がふくと浮きやすくなり、最悪吹き飛ばされることもありますので
風災として認められやすくなっています。

雨樋は雪などの積雪で角度がずれたり、割れたりするので工事が多い箇所です。




火災保険利用時の注意点


一番の注意点は
『お客様自身で保険会社に申請する』ことです。

屋根業者の中には
申請を代行すると言ってくる業者もあります。

こういった業者は要注意です。
申告はあくまでお客様自身でして頂くほかありません。

業者が申請の代行を行うと表現する場合
申請のお手伝いをするといった形になります。

現場の調査や、お見積りなどの作成を業者が行い、それをお客様が保険会社に提出する流れです。



また、もう一つの注意点は
『経年の劣化の場合は火災保険が下りない』という点です。

築20~30年のお家は経年劣化も進んでいると考えられます。
その場合、自然災害によるものなのか、経年劣化によるものなのか判断が難しくなります。

築年数や、最後のメンテナンスから時が経過している場合は
災害による被害を受けたらできるだけ早めの点検をおすすめします


火災保険の利用に制限はあるの?



ご加入している保険によって異なりますが、
基本的にはありません。

火災保険を利用して修繕工事を行ったからと言って
車の保険の様に保険料が高くなることもありませんし、

万が一
また台風などの被害で屋根に不具合が起きた場合
再度火災保険を利用することができます。


風災などによる被害が見受けられた場合は
放っておかず早めの段階でご検討いただけたらと思います。



いかがだったでしょうか?

保険は加入はしてるけどなかなか利用するというと難しく感じますよね

しかし、
保険の使い方を少しでも知っているとお得に工事ができたりします。

弊社でも、火災保険を利用した屋根工事をいくつも行っています。

この間のゲリラ豪雨などで雨漏りが急に気になるようになった。など
自然災害などによるお家の不具合を感じることがありましたら、
お気軽に『街の屋根やさん 川口店』にお問い合わせください


今回も最後までご覧いただきありがとうございました。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616