オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根形状別メリットデメリット~切妻屋根~





屋根にも色々な形があります。

近所を歩いてみると、たくさんある屋根の形に驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。

屋根はお家の外観の約半分を占めますので
形や素材でかなり印象が変わり、こだわる方も少なくありません。

今回からは
屋根の形状別に変わってくる注意点や特徴をご紹介していきたいと思います。


切妻屋根



切妻屋根とは、本を開いて箱に被せたような形の屋根です。
いわゆる、三角屋根です。
絵を描くときに一番書きやすいあの形ですね

★メリット★
①価格が安い
→切妻屋根は最もシンプルな形です。
施工もしやすく、人件費や材料費も抑えられるため長年愛されています。


②工期が短い
→こちらもシンプルな形状ゆえのメリットです。
施工がしやすく職人さんが頭を抱えるような難しい収まりもないため、
スムーズに工事が進行しやすいです。
工期が短いのストレス期間が短くなるのでありがたいですよね


③ソーラーパネルを設置しやすい
→屋根面積が大きいのでソーラーパネルの設置に向いています。
南側に屋根面がある場合日の当たりも良好ですし、ソーラー面積も多く取れるので
おすすめです


④換気がしやすい
→切妻屋根の形状上、部屋の中も三角の空間になります。
昔ながらの屋根裏部屋にもできますし、
今どきのロフトとして使用することもできます。
子供部屋として活用している人も多いようです。


⑤つなぎ目が少ない
→ほかの屋根と比べてもつなぎ目が少ないので雨漏りは少ないです。


切妻屋根 屋根裏を活用したロフト
切妻屋根の形状 イラスト


★デメリット★
①日の当たる部分のみの劣化
→屋根の勾配、方角によって異なりますが
南向きに屋根がある場合、その片面だけ劣化の進行が早かったり、
南向きに外壁が向いている場合、その部分だけ劣化することがあります。
イラストにすると以下の通りです。
外壁に日が当たる場合
屋根片面に日が当たる場合
もしお客様のお家が該当する場合、日の当たる方には気を回していただけたらと思います。


②個性が出しにくい
→シンプルが故、屋根に個性を持たせるのは難しくなっています。
しかし、最近ではシンプルでモダンなお家も流行っていますし、
スタイリッシュでかっこよくできるので、こだわったデザインは難しいですが
良い点でもあるかもしれません。

まとめ




以上が切妻屋根のメリット、デメリットになります。


いかがだったでしょうか?

シンプルですが
機能性もあり、お値段もお手頃と良いことたくさんの屋根です。

心配な点といえば
片面のみの劣化です。

もしお家が切妻屋根でしたら
ご自身の目で少し屋根や、外壁をのぞいていただけたら屋根やさんとして嬉しく思います。


今回も最後までご覧いただきありがとうございました



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616