オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根形状別メリットデメリット~寄棟屋根~


寄棟屋根(よせむね)



寄棟屋根とは、4つの面で構成されていてます。
面が多いため、棟の数も多く、地面に水平に渡る棟を『大棟』(おおむね)。
そこから斜めに下る棟を『隅棟』(すみむね)と言います。

寄棟屋根は、切妻屋根に次いで多くみられる屋根で、
全方向に面があるため耐風性に優れ、外壁を雨風、紫外線から守ってくれます。

それでは
メリット、デメリットを見ていきましょう




★メリット★
①安定感があり安心できるたたずまい
→お家に求めるものの一つとして、安心できる住まいを上げる方が多いと思います。
寄棟屋根は、全方面に屋根面があり、どっしりとした外観で、
いかにもお家が守られている感があります。
また落ち着いた雰囲気も兼ね揃えているので、
和風建築にも、洋風建築にも合うところもメリットかもしれません。


②耐風性に優れている
→全方面に屋根面があることにより、風を受け流せる形状になっています。


③オバーフローが起こりにくい
→オバーフローとは雨水の逆流することです。
屋根の持つ排水機能が働かなくなると雨水が逆流して下地に流れ込みます。
特に危惧される場所が雨樋付近です。
寄棟屋根は、全面に雨樋がついているので、雨水が分散されオーバーフローの危険性が少ないです。


④雨、風、紫外線から外壁を守ってくれる。
→寄棟屋根は切妻屋根や片流れ屋根などと違って、全方面屋根があるので、
軒がすべての方向にあり、外壁を守ってくれます。
そのため、片方だけ劣化が進行するなどはあまりなく、安定した屋根状態を保つことができます。





寄棟屋根雨樋の箇所
寄棟屋根の上から見た図


★デメリット★
①コストがかかる
→全方位に屋根面があるため、面積が大きくコストがかさみます。
また、軒先すべてに雨樋がついているので、
切妻屋根や片流れ屋根よりメンテナンス費用も掛かります。


②つなぎ目(棟部分)が多い
→前説でもご紹介したように、
寄棟屋根には、大棟と隅棟があり計5本の棟部分があります。
つなぎ目はどうしても雨漏りの原因になりやすいため、
棟部の点検には気を回す必要があります。
寄棟屋根のつなぎ目(棟)
③屋根裏スペースが狭い
→寄棟には緩い勾配のお家が多く、切妻屋根などと比べると屋根裏スペースは狭くなります。
屋根裏を有効活用したいとお考えの方にはあまり向いていないかもしれません。


④ソーラーパネルが設置しにくい
→4方向屋根面があるので日の当たる南側に設置できるメリットはありますが
屋根面積が小さく、4面のうち2面は三角形なので設置しずらくなっています。


まとめ



以上が寄棟屋根のメリットデメリットになります。

いかがだったでしょうか?

この記事を見てくださっているお客様は
リフォームをお考えの方が多いのではないかと思います。

リフォームで抑えていただきたいポイントは、
*棟部分の雨漏りのしやすさ
*コストが少し高め
という点です。

少額のリフォームで済ませるためにも、
棟部分などの点検はこまめに行っていただけたらと思います


何かお困りのことなどございましたら
お気軽に『街の屋根やさん 川口店』までお問い合わせください


今回も最後までご覧いただきありがとうございました



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616