オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

破風と鼻隠し、どっちが傷みやすい?




『破風』『鼻隠し』とはご存じですか?

この2つは、ほとんど位置する場所は変わりません。
しかし、劣化の速度は変わります。

今日は、ほぼ同じ場所なのに、
劣化速度が違うという謎に迫っていきたいと思います


破風ってどこ?鼻隠しってどこ?


まずは、破風と鼻隠しの場所についてご紹介します。

★『破風』→屋根の一番先端で、妻側と言われる方に取り付けられる板
★『鼻隠し』→屋根が下る側の先端で、平側と言われる方に付けられる板。
この板の上に雨樋が取り付けられる。


場所を言葉で説明するとこんな感じです

しかし、言葉では想像しにくいと思いますので、下記にイラストを載せておきます。
(※またこちらもへたくそで申し訳ありません)
破風と鼻隠しの位置
また実際の写真で見るとこの部分です。↓↓
【左】破風
【右】鼻隠し(※現在は鼻隠し部分も破風ということが多いです。)
→理由:鼻隠しとは、昔、軒天も張られていなかったときに、小屋組みの垂木がむき出しにならないように
    垂木が飛び出る部分に鼻隠しという板を張り付けていた名残です。
    現在は、軒天を付けるのが主流なため、鼻と言われる部分はなく、全体的に軒先は破風と言います。
破風
鼻隠し

本題!どっちが傷みやすい?


さあ、本題です。

結論から言いますと、
傷みやすいのは『破風』になります。

どうしてなのか気になりますよね

その理由、詳しく説明していきます


破風の方が傷みやすいのは、
破風は常に自然の下にさらされているからです。

直接紫外線が当たり続け、ダイレクトに雨が吹き付ける破風は
色あせもが起きるのも早いです。

以前までは木材が使われていることが多いので、
町中を歩いていると、めくれたり、剥がれたりしている破風を多く見かけます。

最近は、破風板金捲きという技法もあり、
木材をただ打つよりも、板金で保護して長持ちさせる方法があります。
これは、我々板金屋にお任せください
また、破風サイディングという、窯業材を取り付けることもあります。
板金巻きよりも、こちらの方が現在は主流ですね


破風板金巻き
破風部分にサイディングを張り付けた

また鼻隠し(破風の雨樋を取り付ける側)部分も、
劣化しないかと言ったらそんなことはなく、
雨樋がついているので、雨樋が劣化し、ひび割れていたりすると
そのヒビ部分から雨が漏れ、鼻隠し板を濡らします。

そうすると腐りやすくなり劣化が進行します。


似たような個所は同時期にメンテナンスを



破風板を直す際には足場を仮設します。

足場を仮設する際の相場は基本10万~20万くらいです。

破風を直すのに足場を立て、
鼻隠しを直すのに足場を立て、
雨樋を立てるのに足場を立て、となると
足場代がもったいないと思いませんか?

破風板が傷んでいるということは、
少なからず、鼻隠しや雨樋も劣化が進行しています。

メンテナンスは、足場を立てる際に一気にやってしまった方が、
足場代を浮かすにも得策かなと思います



まとめ



以上が破風と鼻隠しの傷み方についてになります。

いかがだったでしょうか?

最終的にお伝えしたいのは、
ほぼほぼ同じ場所にある破風、鼻隠し、雨樋は
足場代を考えても、同時に行うのが適作です


もし、何か気になることがございましたら
お気軽に『街の屋根やさん 川口店』まで、お問い合わせください

今回も最後までご覧いただきありがとうございました


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616