オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根が教えてくれる!補修のサイン~スレート編~


スレート屋根が出す補修サイン




①棟板金の浮きや、釘の緩み
→『棟板金』とはスレート屋根の最上部に位置する板金のことです。
この棟板金は、ビスなどを利用して固定します。
しかし、常に自然の下にさらされている棟板金は、熱により膨張し寒さにより伸縮します。
そうすると、棟板金を止めてあるビスは膨張したときに一緒に緩み、伸縮した際はそのまま戻りません。
これを繰り返すことでビスが緩み棟板金が剥がれやすくなります。
また、台風などの強風により棟板金が浮いてしまうこともあります。
そうなると最悪の場合、強風で飛ばされてしまうことも・・・。
5年~10年でできれば点検を行いたいところです



屋根点検、瓦棒屋根、釘浮き




②スレート材の割れや反り
→台風などの強風時に、飛来物がぶつかったりしてスレート材が割れてしまうことがあります。
これは、雨漏りが危惧されるので早めの補修が必要です。
スレート材のメリットとして、葺き直し(一部分の補修)ができるので対応しやすいかなと思われます。
また、年数を重ねたスレート材は何度も『給水→乾燥』を繰り返します。
繰り返すことで角の方から反りがみられる場合もありますので、こちらも補修のサインとなります。
このサインの場合、屋根全体のことが多いので、葺き替え(屋根全体の入れ替えor重ね葺き)がおすすめも工事になります。
スレート材の割れ ヒビが入った状態


③棟板金の色あせ、サビ
→棟板金は、文字通り金属ですので、経年劣化でサビてしまうものです。
そのため、塗装などによってサビを防いでいるのですが、この塗装も年数が経過することで剥げてしまいます。
塗装の禿げた金属は、サビの進行も早まりますので、『棟板金、色あせてきたな・・・。』と思ったら、
早めに補修工事をしてあげてください
またもうサビている場合、これを放置すると穴あきの原因になり雨漏りの可能性が高まります
棟の状態が気になる場合は、ぜひ街の屋根やさん 川口店の無料点検をご活用ください

棟板金の色あせ、サビ


④スレート材本体の色あせや、カビ、苔の繁殖
→スレート材本体に防水効果はなく、塗装によって防水効果を発揮しています。
この塗装は5年~数十年で劣化してしまい効果が切れてしまうものです。
効果の切れ目は見た目で判断でき、色が褪せてきていたら補修のサインです。
色あせだけであれば、塗装のメンテナンスがおすすめです。
しかし、ずさんな塗装業者に依頼してしまうと、必要な施工が施されず、逆に雨漏りへ導いてしまうことがありますので
業者選びは慎重に行いましょう。
また、塗装の効果が完全に失われている場合、屋根にコケやカビなどが繁殖します。
こちらも、屋根を見ていただければ一目でわかります。
ここまで劣化が進行していると、雨漏りの違憲性が高まりますので早めの補修が必要です。

スレートの苔 カビ


以上がスレート屋根の補修のサインになります。

いかがだったでしょうか?

雨漏りが起きてしまってからでは
大掛かりな工事となり、お金も時間も要してしまいます

今年は梅雨も長く、大雨もよく降りました。
次は、台風ですね

大きな被害になる前に
ぜひ一度、屋根の無料点検で状態を把握していただけたら嬉しく思います。

晴れ間しかできない屋根工事です。
やっと太陽が見られ始めるこの機会にご検討いただけたらと思います。

今回も、最後までご覧いただきありがとうございました


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616