オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根が教えてくれる!!補修のサイン~瓦編~




①棟の歪み
→瓦屋根でいう棟とは『棟瓦』のことを言います。
棟の部分は建物の中で一番高い場所になるため、地震や台風などの影響で歪んでしまうことがあります。
したがって、自然災害の後には、この棟が崩れたり歪んでいないか確認する必要があります。



棟瓦の歪み ずれ


②瓦が割れている、ずれている
→瓦は本来、非常に高い耐久性を持っています。
そのため、多少の衝撃などでは割れたりすることはありません。
しかし、台風などの強風で飛来物などが飛んできたりした場合の、思いもよらない衝撃の場合、
割れてしまうこともある。
また、地震などでは瓦がずれてしまう等の被害も頻繁にあります。
こういったことが原因で、瓦と瓦の間に隙間ができたり、サイコロ状の穴が開くと雨漏りの原因になってしまうため、
下地に雨が回ってしまう前に早めの補修が必要になります。
瓦本体の割れ ヒビ
瓦本体の割れ 全体



③漆喰のヒビや崩れ
→漆喰とは棟瓦の張り合わせ部分です。
漆喰は瓦ほどの耐久力はなく、10年過ぎたあたりからヒビが発生したり、崩れ落ちてしまうことが多くなります。
漆喰の劣化は、棟の固定力が落ち、緩み、歪みの原因になります。
最悪の場合、棟瓦が落下し、下にいる人が怪我をしてしまう恐れなどもあります。
もちろん、雨漏りの原因にもなりますので、お庭などに漆喰が落ちていた場合などには、早めの点検、補修が必要です。
漆喰の劣化




以上が瓦屋根の補修のサインになります。

いかがだったでしょうか?

もうすぐ梅雨も明けますね。
次は、台風の時期になります

台風が来る前に、
一度、屋根の無料点検で、屋根の状態を把握しておくのも良いかもしれません

この記事が少しでもお客様のお役に立てたらいいなと思います。

今回も、最後までご覧いただきありがとうございました


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616