オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

棟板金の役割、性能について


a5c8552fa45b186a0780ad8ed13c1ab3-columns1
棟板金とは屋根の頂点に施工されている板金の事です。下地を葺いてできる隙間にカバーする板金によって雨の侵入を防ぎ、屋根材を固定します。その一番上にあるのを棟板金と呼びます。

こちらが錆びて雨漏りしている棟板金の写真です。

f7819ad9cdff5bf580a20ab2fe3ba6fe-columns2
錆びた棟板金の写真です。

e5a01330b964f0d777e33315bad9deef-columns2
別の角度で撮った棟板金です。
なぜ、こういう事になってしまったのか!
スレートやコロニアル・カラーベスト・金属屋根などの頂点に施工されている板金なので、雨にも風にも一番あたってしまします。
台風の被害によって多くの棟板金が飛ばされたり、釘が取れて剥がれていたり、屋根の中で一番被害が多い場所でもあります。
昔はトタンを使用していたため、錆が発生率が多かったのですが、現在はガルバリウム鋼板を使用することによって、錆びにくく丈夫になっております。

fd989eb9466d6a8afc1a8f2b10911412-columns2
板金を全部取りました。
ご覧の通り屋根の隙間が見えてきました
棟板金がないとなぜ雨漏りするのかわかりますね
a19b7c34ed890d189e82181ed6fba42b-columns2
今回は木材の貫井板を使ってます。
貫井板を使用している理由は板金を固定する為です。
築7~10年で【棟板金の釘】が抜けてきます。
板金は金属の為、日に当たると太陽の熱で膨張し、夜気温が下がると収縮します。
膨張すると釘も一緒に引っ張られ、収縮するときは板金だけが収縮する為、長い間膨張と収縮を繰り返すと自然に釘が緩くなり抜けてしまします。
日当たりがいいと、釘の抜けるスピードも早いので早めにメンテナンスを行うのがおススメです。
a5c8552fa45b186a0780ad8ed13c1ab3-1-columns1
もし台風や震災によって不具合があった場合火災保険での修理も可能です。
工事まで時間が空く場合業者さんを呼んでブルシートをかけて応急処置をしましょう。
ご自身でDIYは危険なのでやめましょう。屋根に登って怪我をすると大惨事にも繋がるのでちゃんと専門業者呼んでください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616