オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

破風の板金巻き・・・なぜやるの???


破風板
破風板は雨にも打たれますし、風の影響は屋根よりも大きいといえるでしょう。家の中で最も過酷な部分といっても過言ではありません。雨風はもちろんですが火災からも守る大切な役割があります。住宅火災は下から上は向かって延焼するのが通常です。窓から上がった火が軒に達するのは驚くほど早いため破風板によって屋根裏への火のまわりを遅らせる役目があります。こうした理由から破風板には耐火性のある部材を使用します。様々な役割をもつ破風板です、劣化したまま放置するのは危険です。傷んでいる破風板は放置することで落下の危険性があります。特に木材の場合は腐食が進むことで剥がれ落ちやすくなります。

破風板張替
破風板が劣化したり腐食したりすることで屋根材や外壁材へも腐食が進んでしまう危険性があります。破風板が痛み出したら早めに対策をとることが賢明です。破風板の経年劣化はさけることができません。台風などの自然災害もいつ起こるかわかりません。そのため事前に劣化対策を行うといいでしょう。劣化が進む前に工事を依頼することで、補修費を安く抑えることもできるからです。
破風板板金巻き
破風板板金巻きは木質系の破風板に有効な修理方法です。具体的には、金属板を破風板に巻き付けることで耐久性を高めます。ひと昔前はトタンでしたが、今はガルバリウム鋼板という金属板巻き付けることが主流になってきました。塗装のみの補修より耐久性に優れ、補修を行う回数を減らせるメリットがあります。

破風板を板金巻きすると美観もアップ!!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616