オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

板金鋏の種類って・・・⁈


薄い金属板を切るために用いるハサミを金切鋏又は、板金鋏と呼びます。
普通の鋏と違い、刃が少し鋭角で、刃と刃の間に隙間があります。形は、直線切用の直刃・緩い曲線用の柳刃・急な曲線や阿穴あけにえぐり刃などがあります。
職種にこだわらずそれぞれの業界で経験を積んだ専門の職人たちにはそれぞれのこだわりがあるはずです。
メーカーやグレード、そのこだわりはそれぞれですが、日々の仕事にこだわりとプライドを持つ職人たちにとって相棒である仕事道具は命とも言えるはず!
板金鋏といっても種類、大きさや形は様々なようです。昔の職人さんは「道具を見れば腕前がわかる!!」と言われ、自分で鋏を研いで手入れしていたようですが、今はプロにお願いすることのほうが多いようです。

板金鋏いろいろっ!!!

直刃
直刃(すぐば)
材料を直線的に切断する場合に使用されるタイプ。
柳刃
柳刃(やなぎば)
直線や曲線など比較的自由度の高い切断加工を行う場合に使用されるタイプ。
抉刃
抉刃(えぐりば)
トタン板などに穴を開ける際や急な曲線などを切断する時使用されるタイプ。
立切刃
これは立切刃(たてきりば)直刃と柳刃を複合したものです。どのタイプも、鋼板などの板材を切断するという用途は同じになっています。

ハサミにも各種類はあるようですが、柳刃はとても使い勝手がいいようです。
板金職人になって最初に持たされる板金鋏が柳刃で
これさえあれば大抵の事ができる万能な板金鋏だそうです。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616