オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寄棟屋根とは


寄棟屋根は外観に落ち着きのある雰囲気になります。寄棟屋根の大きな魅力です。家には安らぎや安心感を求める方も多いと思います。外観においては寄棟屋根は最もそう感じさせてくれる屋根形状だと思います。どの方向から見てもどっしりとした安心感を感じますし、どこか懐かしい感じがして安心感があります。
しかし決してこの屋根の形は伝統的な和風住宅だけに適しているというわけではなく、海外でもこの屋根が古くから使われていますし、デザインによっては現代的でスタイリッシュに見せることもできます。

メリット①風に強い!

寄棟屋根
台風などの強い風に対して耐久性が強いこともメリットとして挙げられます。片流れ屋根や切妻屋根などでは傾斜している屋根そ側面が生まれますが寄棟屋根は4方向に広がる屋根面がしっかりと閉じながら、どの方向からの風に対しても受け流せる形状をしています。また、寄棟屋根は雨や雪も4方向に分けてうけてくれるため1つの屋根面や雨樋に流れる雨量が少なくなりまた、屋根から落ちる雪の量も分散してくれます。

メリット②全方向の外壁を守る

寄棟
屋根の役割には当然雨や風、太陽の光から住まいを守ることがありますが、その役割を最も果たしてくれる屋根が寄棟屋根でもあります。切妻屋根などでは軒のない側面が生まれ、その外壁は雨や太陽の光が当たりやすくなります。しかし寄棟屋根であれば4方向全てに軒があることから自然と全ての外壁が雨や光に当たりにくくなります。

デメリット①コスト面

寄棟
ここからは寄棟のデメリットについてです。まず最初に挙げられるのはコスト面です。4つの屋根面がつながり合うことで斜めの部材が多く、棟や雨樋も他の屋根形状と比べて長くなるといったコストアップの要因があります。また切妻屋根などと比べると複雑な形状であることから工期も長くなることもコスト面で不利になるでしょう。しかし外壁面が比較的小さくなることから外壁工事のコストは抑えられるため、全体的な判断が比較的小さくなることから外壁工事のコストは抑えられるため全体的な判断をしていくといいでしょう。

デメリット②太陽光導入には寄棟屋根は不利

寄棟屋根太陽光
近年は自宅の屋根に太陽光パネルを設置することも珍しくありません。太陽光発電の導入に当たってはあまり有利な屋根形状とは言えません。屋根面全てが比較的小さくまたサイドは斜めになっていることから、1つの屋根面に設置できる太陽光パネルが限られてしまいます。もちろん4面あることで必ず発電効率の高い南面だけでなく東西面にもパネル設置することが必要となるでしょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616