オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

秩父市で雨漏りの調査~経年劣化と自然災害~


秩父市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 埼玉川口店』です
今回は、秩父市で雨漏りしているお家の調査に行ってきました。

秩父市は、自然に包まれた、穏やかで心の休まる地です。
しかし、自然に包まれているからこそ、自然の影響を受けやすいのも事実です。
今日は自然災害によるお家の不具合と、経年劣化によるお家の不具合の
見極め方も合わせてご紹介していきます。

秩父市のお家は自然の真ん中にありました

外観写真
※お家の全体写真は恥ずかしいとのことでモザイクをかけています。※

今回の秩父市のお客様のお家は自然のど真ん中にありました。
気が周囲に生い茂っていましたので、日当たりはあまりよくなく、
湿気がこもりやすい箇所でした。
この日も晴天でしたが、少しくらいですよね…
こういった場合、苔やカビが生えやすい箇所でもあります。

*******************お問い合わせ内容*******************

こちらは別荘として使用していました。
普段あまり出入りすることがなく、久しぶりに顔を出すと、室内からカビの臭いが。
天井にも雨染み、押し入れにもカビらしきものが見られました。
これからもお休みの際などには使用したく快適なお家でありたいので、
街の屋根やさん 埼玉川口店に雨漏り調査をお願いしました。

**********************************************

お問い合わせありがとうございます(*^▽^*)
大切なお休みを快適に過ごせるように、全力でお手伝いさせていただきます!!

*別荘の工事について関連記事*

まずは室内の雨漏り調査~現状を把握します~

カビ
天井の雨染み
押し入れカビ
押し入れのカビ
室内を調査すると色々な部分に雨染みが見られました。
お部屋の箇所的には、屋根のてっぺん(大家屋根 棟)付近です。
棟からの雨もりが危惧されるとみて、屋根の調査に向かいます。

また押し入れのカビなどは、立地条件から見ても湿気が籠りやすい箇所ですし、
別荘での使用で普段は換気などを行える状態でないことから、室内の湿気によるものも考えられます。

こちらも屋根を隅々まで点検し判断します。

雨漏り調査~屋根点検~

大屋根全体
大屋根全体
屋根に上がる際は、お家を傷つけないよう細心の注意を払います。
1枚目写真の脚立に付属している赤い脚は、雨樋に負担がかからないようにするための道具です。

屋根に登ってみると漆喰がかなり崩れてきていました。
雨漏り原因はやはり棟付近とみて調査していきます。

また大屋根の瓦はセメント瓦でした。
塗装も剥げていて防水性を失っているのがわかります。
こちらは再塗装が必要です。

雨漏り調査~漆喰の崩れは経年劣化によるもの~

漆喰
漆喰の崩れ

こちらは漆喰が崩れていました。
すでに漆喰があるはずの部分には
空洞ができ何もない状態です。
瓦屋根の棟は、漆喰と葺き土で守られています。
この漆喰がなくなると、葺き土が流出したり、その隙間から雨水が侵入し、雨漏りの原因に繋がります。
早めのメンテナンスが必要です。
漆喰
葺き土の流出

こちらはすでに葺き土が流出しています。

こうなると、棟を支えている土がすり減っていますので、大きな台風や強風、地震などでお家が揺れた際、棟が崩れる可能性があります。
棟積みなおしのメンテナンスが必要です。

雨漏り調査~棟の釘抜けは台風などの強風による自然災害~

棟の釘浮き
棟の釘抜け
棟部分の冠瓦を止めている釘が浮いていました。
こちらは、お家が動くような自然災害が起きると、写真のように一カ所大きく釘が飛び出します。

逆に経年劣化の場合、棟に止まっている釘が均等に抜けてきます。

自然災害の可能性がある場合、お客様のご要望があれば火災保険申請をお手伝いすることもできます。

どちらにせよ、釘の浮きは棟の欠落に繋がりますので、メンテナンスが必要です。

雨漏り調査~樋の詰まりは積雪による自然災害~

軒樋つまり
軒樋つまり
全方向の軒樋の詰まりが確認できました。
積雪による樋の膨らみも確認できますので勾配不調による雨水の滞留から、苔や腐葉土のつまりになっていると思われます。
樋の自然災害による被害は多く、勾配不良は積雪で樋に雪が積もることで起こりやすいです。

雨樋は比較的お家を見上げれば目視できるところにありますので、積雪時には現状確認を行っていただくのもよいかもしれません。

雨漏り調査終了

今回の雨漏り調査の結果、お客様とご相談し、
『軒樋の勾配不良』『棟の釘浮き』は自然災害の影響であると判断し、火災保険の申請をお手伝いすることになりました。

また漆喰は、かなりの崩れが見られましたが、築25年以上、メンテナンスなしであったということで、経年の劣化によるものだと思われます。

セメント瓦も防水機能を失っている状態です。
現在は多少の苔で済んでいますので問題ありませんが、このまま放置すると、瓦本体のひび割れなども見られる危険性をお伝えしました。

お家の不具合が、経年劣化なのか自然災害なのかの判断は、難しいものです。
詳しくは関連記事でご紹介していますので合わせてご確認いただけたらと思います。

*この被害は自然災害?経年劣化?お困りの方へ*

もしお家が雨漏りしている。どうしたらいいかわからない。
そういったお悩みを抱えているお客様がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

相談、お問い合わせ、お見積り、すべて無料で対応させていただきます。

お電話でのお問い合わせ>>>0120-390-616 (9:00~17:00)
メールでのお問い合わせ>>>お問い合わせフォームはこちら!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

6f07b37b70925116b708c72d08c87603

蕨市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 埼玉川口店』です(^^)/本日は、蕨市で破風板金巻き工事と、雨樋交換を行ってきましたのでご紹介です。破風は、木材や窯業系サイディングが使用されていることが多いですが、何年も経過すると、剥がれてきて...........

cbbef44634b6ea0f238e0a72ed348a4b-13

戸田市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 埼玉川口店』です(^^)/今回は、戸田市で工場の折半屋根を取り付けてきたのでご紹介します。工場の屋根は、一般住宅の屋根を葺くときとは違い、また変わった技術が必要になってきます。今回は、大型重機の...........

軒天

川口市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 埼玉川口店』です(*^▽^*)今回は、川口市のアパートの軒天が欠落してしまい、直近で塗装工事を行うことになったので、合わせて軒天補修を行いとお問い合わせを頂きました。せっかく足場を建てる工事なら...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616