オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風被害のあった大屋根棟板金の建物調査にいってきました。


今回は、台風の突風により大屋根棟板金と抜き板が吹き飛んでしまったお家の建物診断を行う内容です。
お客様との出会いは、屋根にブルーシートが掛かっていたところをお声掛けさせてもらったのがきっかけです。
知り合いの業者に頼んだものの、忙しくされていたようで、中々修繕工事が出来てないようでした。
雨が降るたび、自分の家の屋根が心配になり、かなり悩まれていました。
もし私自身の家の屋根だったら…と、考えました。とっても恐ろしいことです。
早々に施工予定日を調整させていただき、修繕工事に入らせてもらいました。
写真は、建物診断を行ったときの写真です。
棟板金、台風被害、ブルーシート
大屋根棟板金の写真です。

ガムテープでしっかり固定してありました。
お客様の不安な気持ちが想像できました。
棟板金は、屋根で受けた風が、吹き上がるように棟板金に当たります。
その為、よく突風による破損が見受けられます。
棟板金自体は、釘で打ち込まれていますが、突風であおられ続けていくと、釘が緩みます。
そこで、強度の台風などの突風が来た時、耐えられなくなり破損するケースが多いです。
出来ることなら、定期的な診断を行うことをお勧めします。
台風被害、棟板金、ブルーシート
大屋根棟板金の写真です。

左の写真の逆側になります。
ここで、ガムテープについてお話し致します。
今回は、スレート屋根に布ガムテープでしっかりと貼ってありました。
お気持ちは、ものすごくわかります。
おそらく、風に飛ばされないようにとガチガチに留めようとされたのでしょう。
ですが、スレート屋根に布ガムテープを貼ると、跡が残ります。想像してください!べとべとした粘着した黒ずんだ跡が残るようなことを…。
スレート屋根の表面は、ザラザラした面になります。凹凸の凹部分に挟まった粘着性のべとべとは、取ることが困難です。
布ガムテープより養生テープがいいと思います。
また、全体的にブルーシートを張り、土のう袋を重りにするのもいいと考えます。
棟板金、台風破損、ブルーシート養生
大屋根棟板金ブルーシート養生写真

最後にお伝えしたいことは、屋根にかかわらずお家のことで、心配ごとや不安に感じたところを発見した時は、
お気軽にご相談ください。
お家の建物診断を行うことは、人で言うなら健康診断を受けることと同じです。
健康診断にはお金がかかりますが、建物診断を行う費用はかかりません。
大事なお家の状態を知ることは、とても大切なことだと思うからです。
何かお家のことでのご相談は遠慮なく言ってください。
ご期待に添えるよう努力いたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

9580d1a8371353de670f7e00a4ea56cf

川口市の皆様、こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回は、以前パラペットが強風で飛んでしまったお家の工事が先週から始まっていますので、ご紹介していきます。調査の様子はこちらから!↓↓参考>>川口市西川口で台風でパラペットが破損した築4...........

埼玉県蕨市のお家

川口市の皆様、こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回は、蕨市で強風によって、洗濯物干場のポリカが飛んでしまったというお客様から『洗濯が気持ちよく干せず、夕立時の部屋干しも不便だから、早く直したい。』とのお問い合わせから駆け付けさせて...........

軒天の剥がれ

川口市の皆様こんにちは!今回は以前、店舗を営んでいたお客様のお家を調査してきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616