オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川口市で屋根をリフォームするなら!お勧めの屋根材はこれ!


川口市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です
今日は屋根をリフォームするにあたって、
お勧めの屋根材とその費用についてご紹介します。

昨今、一番戸建ての建てられた年から15年から20年が経過し、
その時のお家がリフォーム時期になっています。
現在は屋根材も進化し、耐久力、耐震力など優れた屋根材も多く開発されています。
どんな屋根材があるのか、お客様のお家にはどういったリフォームが最適なのか
参考にしていただけたらと思います。

屋根リフォームのサイン

まずはお客様宅がリフォームすべきか否かの判断が必要になります。
雨漏りしているなど目に見える異変があれば、『早くリフォームしなくては。』とご相談いただくきっかけになりますが、
目に見えないと、気づかぬうちにサインを見逃していることもあります。
各屋根材ごとのサインを把握し、想定外をできるだけ減らしましょう

瓦屋根のリフォームサイン

21d0ab868bb6a3b4227ffd5c05b68f77-simple
漆喰は瓦本体と違って10年~15年でひび割れや崩れといった症状が見られます。
漆喰に異常が出ると漆喰で接着していた瓦本体に歪みやヒビが出ることもありそこからあまもりいつながることもあります。漆喰に異常が見られたらリフォームサインだと思いましょう。
瓦屋根の棟の歪み
瓦屋根の棟は、地震や強風などによって少しずつずれたりします。また漆喰の劣化も歪みに追い打ちをかける形になります。棟部に隙間ができたりするとその隙間から雨水の侵入などにより雨漏り原因に繋がります。また棟が崩れて落下することも考えられますので事故が起きる前のリフォーム検討が適策です。
瓦本体のひび割れ」、ズレによる隙間
日本瓦は本来半永久ともいわれる耐久性を持っていますが、強風時の飛来物や、地震時の瓦のぶつかり合いなどの外的要因で割れてしまうことも多々あります。
ヒビやズレから生じる隙間は、漆喰、棟同様雨漏りよ誘発しますのでリフォームをご検討ください。


スレート屋根のリフォームサイン

スレートの反り
スレートは水分の『吸収→乾燥』を繰り返します。
その為年数が経過することによって、次第に先端の方から沿っていきます。また、反ってくると先端に水分が溜まりやすくなります。これはスレートの寿命が近づいているサインです。リフォームの検討をし始める時期とも言えます。

スレート屋根の色褪せ
スレート屋根の原料はセメントと繊維です。
その上に塗装を施して、塗装によって防水性を補っています。
塗装が剥げるとスレートはどんどん水を吸い込み水はけが悪くなり屋根に雨が滞留し始めます。屋根に常に雨水が残る状態が良くないことは想像できるかと思います。
これもまたリフォーム時期が来たサインです。
スレート屋根に生える苔
スレート屋根に雨が溜まりやすくなると、苔やカビ、藻が生え始めます。
これもまた、スレート屋根に防水機能がなくなっているお知らせです。
苔は、せっかくのお家の外観にも影響を及ぼします。
すぐに雨漏りなどの可能性はありませんが、そろそろリフォームの検討を始める時期です。

金属屋根のリフォームサイン

棟板金の浮き
金属屋根の浮きや剥がれは、最悪強風時にその剥がれた部分から捲くれあがって吹き飛ぶ可能性もあります。
特に心木ありの瓦棒葺きなどは、心木が腐っていたりすると吹き飛ぶ可能性が高くなりますので早めのリフォームが必要です。
金属屋根の塗装の剥がれ
金属屋根もスレート屋根と同じように塗装で防水性を保っています。塗装が剥げてくると金属屋根特有のさび付きが出始め、それを放置すると穴あき減少が見られます。
ここまで行くと、雨漏りに直結してきますので早めのリフォームをご検討ください。

弊社のお勧めする屋根材

葺き替えリフォームをされるお客様に自信をもってお勧めしているのが『ガルバニウム屋根』です。
1980年代までの金属屋根は『トタン』などを主とした、軽くて錆びやすく、一度錆びるとそこからどんどん進行し穴が空く。そんなイメージでした。

錆びたトタン
しかし、現在は技術も進化し、「アルミニウム、亜鉛、シリコン」を合わせた合金メッキを使用し
その上にガラス繊維を混入した塗料を着色してあります。
また、最近ではマグネシウムを混合したものや、フッ素コーティングされたものもあり
従来の3~6倍の耐久性が実現されました。
それが現在の『ガルバニウム鋼板』です。

カバー工法で屋根リフォームするのに最適

before1
コロニアル屋根施工前
horizontal
after1
横暖ルーフで施工完了
カバー工法とは、既存の屋根を撤去せず、そのまま新しい屋根材を重ねるリフォーム方法です。
屋根に屋根を乗せるため、新規の屋根はできるだけ軽い方がいいのですが、ここで活躍するのが『ガルバニウム屋根』です。
ガルバニウムは、瓦の1/10程度の重さであり、重ねたところで瓦葺きの屋根よりはるかに軽い状態を保てます。
地震大国日本には、耐震性という面で『軽さ』も求められるため、人気の商品です。

カバー工法について詳しく知りたい方はこちら

ガルバニウム鋼板のメリット

ニチハの横暖ルーフ
ガルバニウム鋼板のメリットを簡潔に紹介すると
①優れた耐久性②とても軽い③屋根材メーカーによる保証期間が長い
以上3点です。


デメリットは
①断熱性が低い②遮音性が低い。この2点です。
しかし、リフォームを目的とした商品も多く開発されており、
そういった商品に関してはデメリットをカバーする工夫が施されています。

ガルバニウム鋼板について詳しく知りたい方はこちら

まとめ

今回は、リフォーム時期の屋根が教えるサインと、弊社お勧めの屋根材をご紹介しました。
屋根材にもたくさん種類があり、工事方法も選択できます。
今回ご紹介したガルバニウムの他に気になる屋根材などございましたら教えてください

お客様の屋根の状態に合わせながら、丈夫で安心な屋根を作り上げていきますので、
気になる箇所や、お困りごとなどございましたらまずは、お問い合わせください

お電話でのご相談>>>0120-390-616
メールでのご相談>>>こちらをクリック!24時間受付

皆様からのご相談お待ちしております!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦おろし

こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です。今回は川口市で瓦屋根の葺き替え工事をしてきたのでご紹介です。瓦屋根を違う屋根材に葺き替える場合、コロニアルのような『カバー工法』という形はとれず、瓦を全部下ろし、新規の屋根材を葺く、『葺き替え工事...........

複合屋根の谷樋板金

こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回は、雨漏りの補修方法と、雨漏りが危惧される個所をメインにご紹介します。一概に雨漏りといっても、原因は様々で、お客様自身で雨漏り原因を特定するのは難しいといわれています。ただ、その中でも『怪しい場...........

ガルバニウム取付

こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です本日はカバー工法による屋根工事をご紹介していきます。新築時にスレート屋根をふかれるお客様が多い現在、リフォーム時にはカバー工法を選択される方が増えています。まずはカバー工法について理解を深めていきま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616