オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

川口市でベランダ張替え工事を行いました


川口市の皆さん、こんにちは(*^▽^*)『街の屋根やさん 埼玉川口店』です。

今回は、川口市でベランダの張替え工事を行ってきましたのでご紹介です。

*************お問い合わせ内容*************
ふとベランダの壁?部分を見てみると、
モルタルで塗られている壁が全体的に浮いてきていた。
少し引っ張ればペロッと剥がれてしまいそうな浮きだったため、
心配になりネットで検索したところ
街の屋根やさん 埼玉川口店がヒットしたためお問い合わせし、工事を行うことになった。
**********************************

お問い合わせいただきありがとうございます(^^♪
川口市のお家のお客様のお家は、通常行わない施工がされていたため
早めの異常が起きてしまったと思われます。
可能な範囲で工夫し、丈夫で長持ちするベランダを作ります。

ベランダ施工前写真

ベランダ工事
ベランダ工事
こちらが既存のベランダの状態です。
一見、問題なさそうに見えますが、隅の方から、モルタルが浮いてきているのが確認できました。
※写真がなく申し訳ございません。

モルタルなのに、大きくはがれてしまった原因として、
ベランダにはFRP防水という塗料型の防水施工が施されます。
これはベランダが完成してから、歩く面と、立ち上げ30まで施工するのが通常です。

しかし今回、モルタル壁の中にFRP防水が施工されていたため、モルタルとの相性が悪く、ぺりっと剥がれてきてしまったのだと思われます。
FRP防水を中に施す場合、モルタル下地をしっかり行わないと今回のようなことになってしまいます。

単品では良い製品でも、お薬のように組み合わせが悪いと、悪さします。
職人の知識は、工事において必須です

ベランダ工事を開始

①既存のベランダを解体

解体
手すり部分の解体
解体
手すりの撤去
まずは手すりの解体から行います。
サンダーなどで切るのではなく、取り付けるのとは反対の手順で取り外すことで、他部分に傷をつけず、工事箇所のみを解体していくことができます。
お客様の大切なお家です。横着は許されません!
また今回は、この取り外した部材をそのまま生かす工事ですので、保管も慎重に行います。

②ベランダ笠木の解体

ベランダ笠木
ベランダの笠木を解体
ベランダ笠木
ジョイント部分の撤去
手すりを解体したら、次に笠木を解体していきます。

③モルタル壁解体

ベランダ解体
ベランダ解体中
ベランダ解体
こんなにきれいに剥がれました
ベランダ解体
解体完了
次はモルタル壁を解体していきます。
通常、がっちりくっついているモルタル壁は、大きなハンマーでたたいて細かく解体していきますが、
今回はぺりっと剥がれてきているということだったので、亀裂を入れてバールでめくってみました。
すると、2枚目のようにきれいにパコッと剥がれました。モルタル壁とは思えない外れ方です。
3枚目を見ていただくと、丸いポッチがいくつか付いているのが確認できます。このポッチがもう少し多く付けてあって、
メタルラスという鉄製の網で下処理が行われていればこのようには剥がれなかったと思われます。

次はお客様が肩を落とされることのないよう、職人の技を発揮します。

④ブチルテープを取り付けます

ブチルテープ
まずは透湿防水シートがしっかり取り付くように、ブチルテープを取り付けます。
コーナー部分など継ぎ目が多くなってしまう場所では、細かく取り付けます。

この後の工程でサイディングを取り付けますが、その際に胴縁という木材を打ち込んで、自然喚起を促す隙間を設けるのが通常です。
しかし今回は、リフォームで笠木の幅も決まっていますので、幅は広げられません。
そのため、サイディングを取り付ける際に、釘を打ち付ける部分にブチルテープを取り付け、釘の隙間から水が侵入しないよう工夫しました。

⑤透湿防水シート取り付け

透湿防水シート
透湿防水シート
次に透湿防水シートを取り付けていきます。
ベランダも壁と同じ部類になりますので、ルーフィングではなく、透湿防水シートを使用します。
その箇所に適した材料を使用することで、その製品の持つ機能を最大に発揮することができます。
細かい立ち上がり部分にも丁寧に取りつけます。

⑥サイディング本体の取り付け

d46c0eb7f08a0fc9eae94876f92ceaf7-columns2
サイディング
サイディングを取り付けていきます。
サイディングは、モルタルとは違い、一枚の大きな板になっているので施工も早く、お値段もモルタルより安いです。
外壁材で現在一番多く使用されている材料です。

⑦コーキング処理

コーキング処理
つなぎ目にコーキング処理を行います。
このコーキングは、10年から15年すると劣化し始め、ひび割れてきます
目地の亀裂から、サイディングに割れを引き起こすことがありますので、注意が必要です。

⑧笠木・手すりの取り付け

15f236dd8736724ceca8b2a5c950e569-columns3
dc92cb2b78c0e2e5076ea2114520432f-columns3
eaa9bdf9018abc2f087baa70388c9aa0-columns3
既存から取り外した、ベランダの手すりを再度付け直します。

⑨お掃除

掃除
掃除
最後にお掃除をして完成です。
現場は、完成するだけでなく、最後の気配りが大切だと思っています。
できる限りのお掃除を行って、川口市でのベランダ工事は終了です。

before1
ベランダ工事
horizontal
after1
a5c8552fa45b186a0780ad8ed13c1ab3-6-after
弊社では、屋根工事はもちろん、外壁工事も行っております。
屋根を直すついでに、壁の工事も行いたい。点検をお願いしたい。
お客様の様々なお悩みお聞かせください(^^)/
工場や、倉庫、別荘などの工事も行っています。

沢山のお問い合わせお待ちしております(*^▽^*)

お電話でのお問い合わせ>>>0120-390-616 (9:00~17:00)
メールでのお問い合わせ>>>お問い合わせフォームはこちら!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

川口市西川口でパラペットから外壁工事まで一式行いました

パラペット施工前
パラペット施工後
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
雨樋交換
その他の工事
火災保険
使用素材
JFE鋼板㈱ ガルバニウム鋼板
築年数
築40年
建坪
50坪
保証
工事費用
270万(火災保険認定額全額使用)
施工事例

川口市にて台風被害で破損したカーポートを火災保険を利用して直しました。

カーポート破損、台風被害、火災保険利用
カーポート新設、台風被害
工事内容
その他の工事
火災保険
台風
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

川口市で心木なし瓦棒屋根を立平ロックに葺き替えました

心木なし瓦棒
立平ロック
工事内容
屋根カバー工事
足場
火災保険
使用素材
セキノ興産 立平ロック
築年数
築40年
建坪
15坪
保証
工事費用
50万(足場代込)
施工事例

川口市で屋根修繕・外壁塗装

施工前台風被害
完工 横暖ルーフ
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
足場
使用素材
ニチハ 横暖ルーフas CブルーS
築年数
28年
建坪
保証
屋根*塗膜→15年*赤錆→20年*穴あき→25年
工事費用
270万(足場45万*屋根85万*塗装110万+諸経費)
施工事例

川口市西川口でパラペットから外壁工事まで一式行いました

パラペット施工前
パラペット施工後
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
雨樋交換
その他の工事
火災保険
使用素材
JFE鋼板㈱ ガルバニウム鋼板
築年数
築40年
建坪
50坪
保証
工事費用
270万(火災保険認定額全額使用)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

波板交換 完工

蕨市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 埼玉川口店』です(*^▽^*)今回は蕨市で劣化し、割れてしまった、ベランダ上のポリカ屋根を交換してきましたのでご紹介です。ポリカは高耐久のプラスチックと言われ、身近なところでいうと、車のヘッドライ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616