オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川口市で台風で被害を受けた庇を火災保険で修繕しました。


修繕する前の庇板金
こんにちは、街屋根川口店担当の佐藤です。
今日は、修繕工事になりました庇板金になります。この庇板金は台風により捲れ上がってしまったそうで、応急処置でアルミテープを貼っていたみたいです。今回修繕工事になったきっかけは、火災保険です。火災保険で台風被害が認められ修繕工事に乗り出しました。
では、工事施工に入っていきます。

庇を施工していこう

庇撤去した下地
庇を解体していきます。解体して僕はびっくりしました。
野地板に使われていた材料は軒天で使われている材料でした…
厚みも薄く野地板で使うには適さない材料です。これは事件です。こういった物件は稀にありますね。しっかり施工していなければ、災害時被害に合う可能性も当然大幅に上がりますよ。プロならプライドを持ってやってほしい物ですね。
忌まわし庇を解体していきましょう!
下地解体した庇
綺麗に取り払ってやりました!
下地は凄く痛んでいましたが、骨組みは無事ですね。それもそのはず、野地板は適さない材料ですから!
本来の施工ならば後10年は持つと思います。
骨組みに異常がなければ下地材を張っていきます。

新設した野地板
野地板を新設していきます。
野地は12mmの下地材を使用していきます。
一般的に下地材の厚みに規定はないと思いますが、こういった元の下地を撤去した場合や下地が無い時は12mmが基本でしょう。
下地からの施工は例外を除き保証が付きますのでしっかり施工していきます。
この後は、ルーフィング施工になります。
ルーフィングを張った庇
下地を張ったらルーフィング施工です。
ルーフィングとは? いわゆる防水シートです。万が一雨が浸入してきても木部を痛めない様にする優れものです。 近代では、庇にもルーフィング 施工するのが当たり前です。
ただルーフィングを敷いただけでは壁からの雨水が防げないと思ったあなた!
そこからが板金屋の仕事です!
壁際の防水処理
壁際のコーキング処理
板金屋さんによって、雨仕舞いのやり方は人それぞれです。その場にあった雨仕舞いの方法があると僕は思うのです。雨仕舞いの基本はブチルテープと言われる粘着シートを使いますが、今回僕が使用した雨仕舞いの方法は、シーリング材です。雨仕舞い方法には、多数の方法が存在します。進化した時代が作り出す最先端を活用する事でより良い雨仕舞いができるのです。板金屋さんは、いかなる状況下でも雨漏りを防ぐため日々勉強なのです。
板金屋さんは、十人十色なのです。ちなみに僕は虹色です

修繕した庇板金
最後の庇板金になります。
壁の用途に応じて施工方法も変わってきます。見た目ではわからないことを一つ教えましょう。今回使われているガルバニウム合板、厚み0.35mmです。これは、現在一般住宅に使用されている板金の厚みになります。数十年前は0.27mmが主流だったみたいです。この厚みは、大したこと無いと思うじゃないですか!鉄の世界この厚みは食パンとフランスパンぐらい違うんです。イメージがわかなかった方、すいません。
ここまでが庇板金の施工です。
いつも使用しているヘラ
ヘラの先
最後に僕の愛用しているコーキングヘラを紹介します。
このヘラと出会ったのは、ロイヤルホームセンターです。彼は売り場の棚から僕を見つめていました。一目惚れですねぇ
即座に購入しました。千円しなかったと思います。初めは、普通のヘラでした。僕に買われたヘラは、僕色にそまります。はい!虹色です。
会社にある電気工具で先端を削りコーキングと壁が馴染む様に研究されたヘラ先なのです!
ちなみにこのヘラは六代目です。
僕の道具は大半、僕色に染められてしまうのです。ちなみのちなみにですが、部下たちも使いやすいと使用している者もいます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

同じ地域の施工事例

施工事例

川口市にて台風被害で破損したカーポートを火災保険を利用して直しました。

カーポート破損、台風被害、火災保険利用
カーポート新設、台風被害
工事内容
その他の工事
火災保険
台風
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

川口市にて横暖ルーフへ葺き替え、既存はセキスイかわらU

セキスイかわらU経年劣化
ニチハ横暖ルーフ葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ Cブラック
築年数
40年
建坪
80
保証
塗膜15年 赤錆20年 穴あき25年
工事費用
230万
施工事例

川口市で屋根の破損で雨漏りのお家を火災保険を利用して屋根葺き替えと雨漏り修復工事

施工前 スレート屋根
大屋根 葺き替え ガルバリウム鋼板 横暖ルーフ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟板金交換
雨樋交換
雨漏り修理
雪止め設置
火災保険
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
20
工事費用
360万 保険認定額180万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したコロニアル

今回は川口市でコロニアルの色あせや、苔が気になり、塗装の効果もないに等しいお家を、金属屋根に葺き替えます。塗装工事も可能ですが長い目で見たときに、金属屋根へ葺き替えた方が先々のメンテナンスコストが浮くため、葺き替えのご提案をさせていただきま...........

棟木の取り付け

前回のブログでは、棟木まで設置しました。今回は、最終段階、屋根本体を付けていきます

ライナルーフを張り終えた

前回、川口市で苔の生えたコロニアルにライナルーフ(ルーフィング)張ったお家に今日は、金属屋根材を取り付けていきます。今回はニチハの『横暖ルーフ』を使用しました。この金属屋根を付ける前の、防水処理がとても大事になってきますのでこだわりをご紹介...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616