オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

川口市で心木なし瓦棒屋根を立平ロックに葺き替えました


工事のきっかけ

雨樋の壊れや、軒天の穴あきが気になったのが工事のきっかけです。
点検に来ていただいた際に屋根の点検も合わせてお願いしたところ、屋根に穴が空いている事実を知り、予算の範囲でどこを補修するか綿密に話し合っていただいた結果『屋根』を修繕することになりました。

川口市 屋根カバー工事,足場,火災保険 心木なし瓦棒屋根を立平ロックに葺き替え

ビフォーアフター

before
心木なし瓦棒
horizontal
after
立平ロック

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,足場,火災保険
施工期間
1週間
使用材料
セキノ興産 立平ロック
施工内容その他
心木なし瓦棒屋根を立平ロックに葺き替え
築年数
築40年
保証年数
工事費用
50万(足場代込)
建坪
15坪
ハウスメーカー
心木なし瓦棒葺きから、立平ロックに葺き替えました。

今回の川口市のお客様は、軒天、雨樋がきっかけでお問い合わせを頂きましたが、
屋根の状態を知り優先順位は『屋根』というご判断から
、葺き替え工事をさせていただくことになりました。


立平葺きについての詳しい関連記事

既存の状態

心木なし瓦棒
既存の状態

金属屋根の初代のもので、ガルバニウム鋼板が登場する前の、
亜鉛メッキ鋼板だと思われます。
錆付きもひどく、所々に穴あきも見られました。
この状態では塗装は厳しいとの判断から、葺き替えることになりました。

野地板を取り付ける前に下地強化

垂木で下地強化
棟木の強化
野地板をしっかり止付けるための強化添え木

心木なし瓦棒葺きの場合、どこにもあたらしい野地板を打ち付ける場所がないので
板金の継ぎ目部分に垂木を添えて、下地を固定する場所を作ります。

既存立葺き屋根には棟がありませんでしたが
今回、雨漏りを確実に防ぐため棟の設置も行います。
その為、棟がしっかり固定する場所を確保するため、
棟を設置する箇所にも垂木を添えました。

野地板の新設

野地板の新設
野地板の取り付け

野地板は先ほどの垂木に沿って取り付けます。
棟部分の開いてしまう隙間は、寸法を取りきれいに収まるように施工します。

ルーフィングを取り付けます

田島ルーフィングPカラー
ルーフィングの取り付け

今回はお客様のごしていにより『田島ルーフィング Pカラー』を使用しました。
ルーフィングにもさまざまな種類があります。
ルーフィングは雨漏りを防ぐ最後の砦でもありますので、ご予算と相談し無理のない範囲でご選択いただけたらと思います。
ルーフィングの継ぎ目に防水テープ
継ぎ目に防水テープを施工

今回は立平屋根は勾配がほぼ0に近かったため、排水しきれなかった雨が屋根上に滞留する可能性があります。
その為、ルーフィングに隙間があるとその隙間から雨が入り込む可能性がありますので、継ぎ目に防水テープを貼ります。こうすることで隙間からの水の侵入を完全に遮断します。

棟部の垂木を設置

棟部の垂木
棟を設置する箇所に垂木を取り付け

棟を設置する箇所に先に垂木を取り付けます。
この後立平本体を施工する際に、この垂木に合わせて板金を立ち上げ、
垂木を雨水から守ります。

立平ロック本体の設置

立平ロック取り付け
本体の立ち上げ
立平ロック本体の取り付け

立平ロックは、瓦棒ふきとは違い、板金同士をひっかけていくので、
屋根が吹き終わる時には大きな一枚の金属板になっています。
瓦棒葺きの場合、一枚と一枚が木で止められていたので
そこだけ捲き上がることもありましたが、
立平ロックは屋根全部で一枚の板になっているので捲き上がる心配はありません。

垂木部分の板金は、雨に濡れて垂木が腐食しないよう、
一枚ずつ手作業で立ち上げます。
こうすることで、逆流してきた水が棟内部に入っても
垂木には触れず屋根を長持ちさせてくれます。

貫板の取り付け

貫板の新設
貫板を取り付け

立平本体施工が完了したら棟部の垂木の上に貫を取り付けます。
棟を取り付けるための下地ですね。
ここに棟本体を納めたら完成です。

貫に板金を被せます

貫板に板金を被せる
貫板に板金を被せる

貫板もまた、垂木の様に板金を被せます。
棟部の被害で多いのが、貫板の腐食により釘抜けが発生し、棟板金が吹き飛ぶ事例です。
できる限り、貫が丈夫な状態を保てるよう、最善の施工を施します。

最後に棟本体取り付け

棟設置工事
棟設置工事
棟を取り付けて完成

最後に棟板金を取り付けて工事は終了です。
棟板金の継ぎ目には『捨てコーキング』というものを入れて全体の棟をくっつけることでできる限り飛ばない施工を施します。
こうして瓦棒から立平ロックへの葺き替え工事は終了です。
before1
心木なし瓦棒葺き
horizontal
after1
立平ロック 施工完了

まとめ

今回既存の屋根は、『亜鉛メッキ鋼板』でした。
亜鉛メッキはいわゆる鉄なので、さびやすく、一度錆びるとそこから錆が移ってしまうのが難点でした。
しかし現在主流の『ガルバニウム鋼板』は、同じ金属でも含有成分が違い耐久性が2,3倍アップしています。

また立平葺きも、進化し現在では新築などでも多く使用されています。
勾配が緩いお家では、横葺きの金属屋根は葺けない(施工基準により2.5寸以下の屋根は葺いてはいけないことになっている)ですが立平ならどんな勾配にも対応しています。

お困り事や、お悩みを抱えているお客様がいらっしゃいましたら、ぜひご相談ください

お問い合わせお待ちしております

お電話でのお問い合わせ>>>0120-390-616 (9:00~17:00)
メールでのお問い合わせ>>>お問い合わせフォームはこちら!

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

川口市で屋根修繕・外壁塗装

施工前台風被害
完工 横暖ルーフ
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
足場
使用素材
ニチハ 横暖ルーフas CブルーS
築年数
28年
建坪
保証
屋根*塗膜→15年*赤錆→20年*穴あき→25年
工事費用
270万(足場45万*屋根85万*塗装110万+諸経費)

同じ地域の施工事例

施工事例

川口市で屋根修繕・外壁塗装

施工前台風被害
完工 横暖ルーフ
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
足場
使用素材
ニチハ 横暖ルーフas CブルーS
築年数
28年
建坪
保証
屋根*塗膜→15年*赤錆→20年*穴あき→25年
工事費用
270万(足場45万*屋根85万*塗装110万+諸経費)
施工事例

川口市西川口でパラペットから外壁工事まで一式行いました

パラペット施工前
パラペット施工後
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
雨樋交換
その他の工事
火災保険
使用素材
JFE鋼板㈱ ガルバニウム鋼板
築年数
築40年
建坪
50坪
保証
工事費用
270万(火災保険認定額全額使用)
施工事例

川口市で破風板金工事を行いました

破風工事
破風完工
工事内容
破風板板金巻き工事
使用素材
JFE鋼板㈱ガルバニウム鋼板 和みしんちゃ
築年数
25年
建坪
21坪
保証
10年(メーカー掲載)
工事費用
25万(雨樋の脱着込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現場写真

川口市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です本日は、台風被害で屋根に異常が起きたお家の屋根修理に行ってきました。台風など自然災害による屋根の異常は、火災保険が適用されることもあります。災害後、異変を感じたらまずは屋根点検で、早...........

21d0ab868bb6a3b4227ffd5c05b68f77

川口市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今日は屋根をリフォームするにあたって、お勧めの屋根材とその費用についてご紹介します。昨今、一番戸建ての建てられた年から15年から20年が経過し、その時のお家がリフォーム時期になってい...........

太陽光パネルの取り外し

こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回の工事は、さいたま市で46枚のソーラーパネルがついた、 192平米のコロニアル屋根を葺き替えます。台風による飛来物によってコロニアルが割れ、下屋根から大屋根にかけて所々割れが見られ、破片がお庭に...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616