オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

去年の台風15号及び19号で被災し雨漏りしてしまった屋根の修繕工事を行いました。


工事のきっかけ

工事のきっかけはお客様のご自宅まわり一帯が
かなり台風被害を受けていて、
近くで屋根の修繕工事をしている様子を、
お客様見ていたので、
ご挨拶と騒音等のご迷惑かけている旨をお伝えすると、お互い様だからいいんだよ、
と言ってくださり、うちも台風で屋根が壊れちゃったから終わったら見てくれる?
と言って下さったので、後日調査に向かいました。
するとやはり風も強い場所だったので、
かなりの破損状態でした。
このまま積み直しをするか、
葺き替えるか、お客様とお話しさせていただき、
約40年、屋根のメンテナンスをした事がないと
言うのと、上の部分から雨漏りがしてるとの事でしたので、
やはりルーフィングや野地板の劣化や破損が考えられると思い、
立地的にもかなり風が吹くところなので、保証の付く横暖ルーフの提案をさせて頂きました。
お客様も保証が付くところ、瓦より軽くて
耐久性がある部分を気行って下さり、
ついでに軒樋等も変えたいとの事で、
屋根の葺き替えと軒樋交換をさせて頂きました。

屋根葺き替え,雨樋交換,雪止め設置,足場,火災保険,台風 台風被害に遭ったお客様の瓦屋根を横暖ルーフに葺き替え

ビフォーアフター

before
火災保険で台風被害にあったご自宅を横暖ルーフでカバー工法
horizontal
after
瓦から横暖ルーフにカバー工法

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,雨樋交換,雪止め設置,足場,火災保険,台風
施工期間
2週間
使用材料
ニチハ横暖ルーフ
施工内容その他
台風被害に遭ったお客様の瓦屋根を横暖ルーフに葺き替え
築年数
40年
保証年数
15年
工事費用
210万
建坪
ハウスメーカー

まずは、現場に調査から始めます。

台風15号で瓦屋根の大棟部分の破損
まずはお客様のご自宅を知るための現地調査からです。
見てください。これが今世紀最大級といわれた台風15号及び19号の爪痕です。僕たちも普段からお客様のご自宅を調査しますが、中々の被害を受けています。瓦は一枚一枚が結構な重さがあるのですがここまで崩れてるというのは、相当な突風や吹き上がりがあったことを物語っていますね。

瓦屋根の大棟及び漆喰の破損
こちらも現場の様子です。大棟が崩れてしまっています。
ここで瓦のプチ情報です、上の半丸型の瓦を
冠瓦と呼びます。たまに丸形じゃない形のものもありますが、こちらが主流の形ですね。
別名雁振瓦(がんぶり)ともいうそうです。
そしてそのしたのある長方形の瓦がありますが、こちらが
熨斗(のし)瓦という瓦です。
こちらのご自宅のは基本的な枚数の3枚熨斗瓦が積まれていますが、高ければ高いだけ雨水等を防げるといいますが、台風が多いこのご時世ではあまり高く積みすぎるのも……とやはり屋根や的には思ってしまう部分もあります。

現場でお客様とお話しさせていただくと家の土地柄、風がかなり強い地域だそうで、
ご自宅の周りもかなり被害のあっている方が多く、正直瓦屋根だとまた風で飛んでしまう恐れがあるなと
思いました。お客様の話だとご自宅を建ててから、まだ屋根に手を付けたことがないということでしたので、だと葺き直しもしなければなりません。なので、今回は横暖ルーフ(板金屋根)をご提案させて頂きました。

僕が今回横暖ルーフのご提案をさせて頂いた理由は、お客様のご自宅が一度も屋根のメンテナンスを
行っていなかったそうなので、既存の瓦を使うとしても野地板、ルーフィング(防水シート)の葺き直しを
しなければなりません。一度また瓦を降ろして、葺き直すと金額もかかってしまいます。
あとは、瓦屋根よりも約10分の1の軽さになっています。なので、ご自宅の劣化も防げます。
そしてメーカー保証がついていることです。なので、今後強い吹き上がりが吹いてももう悩む心配はありません!

お客様にお話を伝えると、保証がついてること、お家にいい屋根材というのを
理解してくださり、さっそく施工させていただく事になりました。


6d0b17554a51009605103d3768997b03-e1595732203208-columns2
それでは、さっそく施工の方に入っていきたいと思います。
まずは瓦降ろしの作業からになります。
瓦降ろしの工程は瓦上げ機というものを足場の取り付けて
その機械で瓦を降ろして行きます。
この作業をしていてホントに思う事は、瓦って本当に重い!
もちろん瓦っていい部分もたくさんあるのですが、
やっぱりあれだけの重さがあるから家にも負担がかかるなと感じる部分もあります。でも僕は瓦屋根が大好きなので、街を走っていて立派な日本家屋を見ると1人で騒いでいます。笑


a871fad717280a243f1f1539dc0fe83b-e1595732254824-columns2
そして瓦降ろしの作業が終わりました。
今このブログを書いている方も自分の家の
屋根を剥がした状態はあまり見たことないと思いますが、
このような感じになっています。
お客様のご自宅も多少雨漏りがする時があると
おっしゃっていましたがおそらくルーフィングが原因だと思われます。やはり40年程メンテナンスをされてなかったみたいなので、ルーフィングの穴あきや劣化や腐食等がかなり見られました。瓦屋根は大体20年ぐらいに一度ルーフィング(防水シート)、野地板の葺き直しをお勧めします。
お家を長く持たせる理由もあります。
葺き替え施工中ルーフィング(防水シート)
そして瓦降ろしが終わり、清掃等をしたら
野地板を張り付けていく作業になります。
野地板って何?って思う方がほぼほぼだと思いますので、
ご説明させていただくと屋根材の下がルーフィング(防水シート)その下が野地板となります。なので屋根工事をする際必ずする作業ですし、かなり重要な作業になります。
よく雨漏りなどしているご自宅がありますがご自宅を
拝見するとルーフィングが劣化して野地板が腐食して
雨漏りしているケースがかなり見受けられます。
なので、施工後は正直目に見えない部分ですがそういう作業こそ、葺き替え作業の命となっていきます。



ルーフィング(防水シート)葺き替え
野地板の貼り付け作業が終わったら次は
ルーフィング(防水シート)貼りの作業になります。
先ほどもお伝えした通り、こちらの作業も非常に大事な
作業となります。お名前の通り防水シートというだけあり
これを怠ると雨等が木部分に入りそれこそ家の劣化につながって行きます。
弊社では、タジマルーフィングを使わせていただき
施工させていただいております。

b0cfc152d1f1c782fd7aadd2654423e3-e1595738240379-columns2
次に横暖ルーフを取り付けていきます。
その前に必要な下地の確認、先付け部材の施工、下葺き材の
確認、墨出し、清掃等を行ってからの作業になります。
ここを十分な確認をしないと
屋根材を取り付けてしまえばもう確認ができない部分
なので、ここでしっかり確認して行きます。
今回施工させて頂いている横暖ルーフのご紹介を
させて頂きます。
まず一番は保証がついている部分だと思います。
やっぱり今回のお客様もそうでしたが、風の強い地域にお住まいの方は屋根や外壁を気にされている方がかなり多くいらっしゃいます。ですが、横暖ルーフは15年保証が付いてるので、リフォームを今後考えているお客様で風が強い地域等に住まれてる方は是非ご相談下さい。
あとは軽くて強いところです。
先ほども少し書きましたが、大体粘土瓦の10分の1の重さで、スレート材の4分1の重さというのも売りの一つです。ガルバリウム銅板なので、耐久性もばっちりです。





0A4D8F15-2CBD-438F-9D42-3F36859003B2-e1595743966479-columns2
最後に軒樋交換の施工です。
今既存の軒樋が半丸型の物が付いているのですが、
弊社で施工させていただく際は、基本的にパナソニック製の
PC‐50という軒樋を付けさせていただいています。
半丸型の物ももちろん良いものですが、雪や熱で、どうしても湾曲や勾配不良が起きやすい部分があるので、弊社では、
下の部分に鉄板が入った物を使用させていただいています。

瓦屋根から横暖ルーフに葺き替え
こうして瓦屋根から横暖ルーフへの葺き替え工事が完工です!
お客様が気のされていた雨漏り部分も治り、風や吹き上がりが来ても安心して生活する事が
出来ると、おっしゃって下さいました。
保証も付き、今後も安心して過ごすことが出来ると思います。
今回は、屋根の葺き替え工事と言う一戸建ての中では規模の大きい工事となりましたが、
お客様の中で少しだけ気のなる箇所等もあるかと思います。
そういった悩みを解消するのも、僕たちの役目なので、
気になったらまずはご相談いただければと思います。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

三郷市にて、塗装したけれど雨漏りが止まらず、ヒランビーに葺き替えました。

葺き替える前の瓦
新設したヒランビー
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
稲垣商事のヒランビー
築年数
45年
建坪
50坪
保証
15年
工事費用
60万
施工事例

川口市にて横暖ルーフへ葺き替え、既存はセキスイかわらU

セキスイかわらU経年劣化
ニチハ横暖ルーフ葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ Cブラック
築年数
40年
建坪
80
保証
塗膜15年 赤錆20年 穴あき25年
工事費用
230万
施工事例

川口市で屋根の破損で雨漏りのお家を火災保険を利用して屋根葺き替えと雨漏り修復工事

施工前 スレート屋根
大屋根 葺き替え ガルバリウム鋼板 横暖ルーフ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟板金交換
雨樋交換
雨漏り修理
雪止め設置
火災保険
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
20
工事費用
360万 保険認定額180万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

1ef3ddeff6b0d1d2f8bdb1fb58087827-2

埼玉県の皆さん、こんにちは!!街の屋根やさん 埼玉川口店です(*^▽^*)今回は隣のお家の火災による被害で、工場階段の屋根の焼失、雨樋の焼失被害を点検してきました。*************お問い合わせ内容*************お隣のお...........

日本瓦屋根

越谷市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 埼玉川口店』です(*^▽^*)今回は日本瓦屋根を横暖ルーフに葺き替えます。本日は瓦おろしの風景をご紹介いたします。瓦おろしを行う際は、新しいルーフィングを取り付けるまで一気に行います。屋根を剥が...........

波板交換 完工

蕨市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 埼玉川口店』です(*^▽^*)今回は蕨市で劣化し、割れてしまった、ベランダ上のポリカ屋根を交換してきましたのでご紹介です。ポリカは高耐久のプラスチックと言われ、身近なところでいうと、車のヘッドライ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616