オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

蕨市で屋根からの雨漏りで天井が落ちてしまったお家の雨漏り調査


蕨市の皆さん、こんにちは!
『街の屋根やさん 埼玉川口店』です(*^▽^*)

今回は蕨市で雨漏りがひどく天井が抜け落ちてしまったお家を雨漏り調査してきました。

************お問い合わせ内容*************
一昨年の台風15号で雨漏りが発生しました。
火災保険で屋根の台風被害を申請できることを知らず、
溶接業をしていたことから自身でできる限りの応急処置をして過ごしていました。
しかし、その努力もむなしく、ついに天井が落ちてしまい、
他箇所も天井がたわむようになってきました。
築50年程経過していますし、メンテナンスもかなり怠っていましたので、
今回専門業者さんに依頼することにしました。
街の屋根やさん 埼玉川口店は火災保険のお手伝いもしてくれるとのことで
お願いしました。
*********************************

お問い合わせありがとうございます。
かなり深刻な状態で、日々頭を悩まされたことと思います。
責任をもって対応させていただきます。

早速雨漏り調査を開始します

外観
★建物詳細★

建物構造  木造2階建て

築年数  50年程

屋根素材  セメント瓦

雨漏り箇所  屋根からの雨の侵入


室内から雨漏り調査を行います

雨漏り 天井
雨漏り 天井
まずは室内の雨漏り調査を行いました。
天井はすでになく、お客様自身で、ベニヤを購入され、止めている状態でした。
金具で止めていて、すぐに中を確認できるようになっており、大変悩まれ、工夫して施工されています。
応急処置の方法にはいくつかありますが、こういった雨漏りの場合、できるだけ早めの専門業者による処置が必要です。
バケツではもう受け止めきれませんからね(ToT)/

屋根裏の雨漏り調査

屋根裏点検
d0e4b01b500822148f955db3c6690a2e-columns2
屋根裏を点検すると、下地の腐食がかなり進行しています。

蕨市のお客様のお家は、セメント瓦屋根ですが、野地板は『バラ板』が使用されているようです。
バラ板とは、25年程前まで使用されていた野地板で、一枚の大きな木板ではなく、幅の狭い板を何枚もつなげて下地を構成する方法です。
その際、屋根裏の自然換気を促すため、少し隙間を設けています。
今回その隙間から、外の光が漏れていました。
瓦屋根下地 バラ板
瓦屋根下地 構造用合板
通常では、バラ板の上にルーフィングと言われる防水紙が取り付けられているので、
雨が通過することはありませんが、今回は外の光が確認できるほど大きな穴が開いてると予想できます。
このままでは雨が降ったらそのままお家にダイレクトに雨が入ります。
かなり早急な処置が必要です。

実際の屋根状態を雨漏り調査

大屋根瓦状態
実際に屋根に登ってみると、数カ所大きく瓦がずれているところがありました。
一度もメンテナンスを行っていないこともあり、台風の強風い耐えられず瓦が動いてしまったと思われます。

瓦には適度な隙間が空いていて、この隙間があることで雨を上手に排水しています。
しかし、ここまで隙間が空いてしまうと、雨水の排水ではなく侵入を促してしまいます。

また、セメント瓦は日本瓦とは違い、コロニアルのように塗膜で防水機能を果たしています。ここまで塗膜が剥げていると、瓦本体の割れもこの先考えられてきますので、はやめのメンテナンスが必要です。
2f10b0eea79e207afd2223d904fd4ff0-columns2
60fe66e33d105b2a155d69aa0ee5ff3e-columns2
近くで確認してみると、かなり大きめの穴が開いています。
わかりにくくて申し訳ありませんが、穴から中をのぞいても防水紙(ルーフィング)の存在を確認できませんでした。
こうなると、屋根葺き替えのご選択が一番適作だと我々は判断します。

雨漏り調査中にもう一つ大きな問題個所を発見・・・・。

7e672ee2cf1ac7747aae40d3199a2a01-1
雨漏り調査中に、瓦のズレの他、大きな問題を発見しました。

写真上部、継ぎ目に白いものが見えます。
これはラバーロックを行った箇所です。
かなり大胆にコーキングが打たれています。実はこれかなり危険なDIYです。
先程も申し上げましたが、瓦には程よい隙間が空いています。これがあることで上手に排水しています。
ここをコーキングなどで
べったり塞いでしまうと、雨の通り道がなくなり雨漏りを助長します。

実際にこの屋根の下のお部屋を見ると・・・。

09bd5a3f6450e45b2f55c31616b1e061
雨漏りが起きていました。
かなり天井がたわんでいます。このままいくとこちらも天井が抜けてしまいます。
屋根下地の腐食も激しいので、地震などが起きた際少し危険ですね、下地の張替えから葺き替えが必要だと考えます。


まとめ

今回は、下地の腐食、瓦本体の劣化、ラバーロックの点を考えて、我々は屋根の葺き替えを提案させていただきます。
ここまでの腐食だと下地の新設は必要不可欠です。

お客様に屋根の状態、今後予想される被害、工事内容のご提案をさせていただきました。

お客様からは、今すぐに工事を行いたい気持ちはあるが、火災保険の申請を行いたい。
それまでは、何とか応急処置でしのぐ。とのご回答でした。

火災保険を申請してから、認定されるまで1・2か月かかることがあります。
それをお伝えしたうえで、火災保険申請のお手伝いを行うことになりました。

お客様のご依頼をどのように、現実にしていくかが我々のお仕事です。
お困り事は一緒に最適な方法で解決していきましょう(^^)/

お客様のお悩み、たくさんお聞かせください

お問い合わせお待ちしております!!

お電話でのお問い合わせ>>>0120-390-616 【9:00~17:00】
メールでのお問い合わせ>>>お問い合わせフォームはこちら!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

川口市で屋根の破損で雨漏りのお家を火災保険を利用して屋根葺き替えと雨漏り修復工事

施工前 スレート屋根
大屋根 葺き替え ガルバリウム鋼板 横暖ルーフ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟板金交換
雨樋交換
雨漏り修理
雪止め設置
火災保険
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
20
工事費用
360万 保険認定額180万
施工事例

川口市にて劣化したベランダサイディングを交換しました

工事内容
雨漏り修理
使用素材
窯業サイディング
築年数
15年くらい
建坪
30坪
保証
無し
工事費用
25万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦屋根ヒビ

川口市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回は、修繕できるまでに期間が開いてしまうなどで自分で応急処置をする際の方法と注意点をご紹介します。応急処置は間違えた方法で行うと雨漏り被害をより大きくしてしまうこともありますのでご...........

複合屋根の谷樋板金

こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回は、雨漏りの補修方法と、雨漏りが危惧される個所をメインにご紹介します。一概に雨漏りといっても、原因は様々で、お客様自身で雨漏り原因を特定するのは難しいといわれています。ただ、その中でも『怪しい場...........

天井部分の雨染み

こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回は、川口市で雨漏りして大変だ!というお客様から、点検の依頼を頂きました。雨漏りは、お客様からしたら『突然』の出来事かもしれません。しかし、実は雨漏りに至るまでにいろいろなところで、お家はサインを...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616