オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

越谷市でコーキング目地劣化によるベランダ腐食 窯業サイディングでベランダ工事


越谷市の皆さん、こんにちは!!『街の屋根やさん 埼玉川口店』です(*^▽^*)

今回は、越谷市でコーキング目地の劣化により、ベランダ裏の下地に雨水が廻り
腐ってしまったお家を改修工事してきました。

窯業系サイディングを使用した、ベランダや外壁には必ず、目地(継ぎ目)があります。
窯業系サイディングなどの外壁材本体は20年~25年の耐久力があっても、
目地に使用されるコーキングは10年~15年すると弾力性がなくなり、
亀裂が入ることがあります。

また劣化が進行すると剥がれ落ちてなくなってしまうこともあります。

今回は目地の特徴と、ベランダ工事の様子をご紹介します。


目地に使用される材料とは・・・。

1f48fa9c6b03315a38b6ccad8b4927d6
こちらが外壁や屋根で多く利用される変成シリコンコーキングです。

コーキングにも様々な種類があり、シリコンやウレタン、アクリルなど種類によって用途を使い分けます。

*コーキングについて詳しく紹介しているコラム*

最も防水性、耐候性があるのはシリコンですが、
どうして変成シリコンを使用するのかというと、最大のポイントは【塗料がのること】です。

外壁や屋根は20年程で塗装工事が必要になります。
その際シリコンだとその部分だけ塗料がのらないのでシリコンは基本使いません。

汚れも付きやすいですしね(;_:)

目地材の劣化 ここまでいったら危険です。

c784b021336eefac43738d67f03a8c47-columns2
777c2a38e5f18d9b26d0e6d7f16f698a-columns2
コーキングは、10年程経ってくると弾力性を失い、硬化が始まります。
こうすると、少しの地震や台風などでお家が揺れた際に目地が割れやすくなります。

上記の写真のように、亀裂が目立つようになるとその隙間から雨水が下地に侵入し、
時が経過すると腐食します。

こんな少しの目地劣化で、大きな障害を引き起こすことがありますので注意しましょう。

ベランダ工事の様子をご紹介

cbbef44634b6ea0f238e0a72ed348a4b-18-columns2
0271475157367bff381baf8d5aab062d-22-columns2
こちらが施工前写真です。
ぱっと見は異常なさそうですが表面に雨が染み込んでいるような跡や、
サイディングが剥がれ落ちている部分がありました。
(※被害状況の写真がなく申し訳ありません。)

それでは、既存のベランダを解体していきます。

ベランダ工事 解体作業

ac303af8a48123ed1bf4b5a0f99af09e-1-columns2
6b62966c18a6a83e7f4db72af5ac29c1-columns2
まずは既存のベランダを解体していきます。
大体、一般住宅のベランダには手すりが付いていることが多くこちらを取り外していきます。
リフォームの際は、この笠木をそのまま生かすこともできますし、
新しいものを付けることもできます。
しかし、リフォーム内容、状態によって変わってきますので、ご検討の際はご相談ください。

ベランダ工事 サイディング解体

af2ee05c63fb3d3e16c76562e262e27b-columns2
df82f98c69c879cb8d53805ec6b80185-columns2
次にベランダ本体の解体工事を行います。
今回は、窯業系のサイディングが使用されていましたのでサンダーで亀裂を入れて
バールで取り壊していきます。

窯業系サイディングの取り付け方法は2種類あり、【金具止め】【釘止め】があります。
今回は金具止めだったので2枚目写真のようにかなりきれいに浮いてきます。


ベランダ工事 解体後 下地の様子

a9210a2b1b064adea0a0506b4d91e37f
サイディングを剥がしてみるとかなり下地まで腐食していました。
特に写真の部分が、釘が利かないくらいの腐食具合でしたのでこの部分のみ補強工事を行っておきました。

ベランダ工事 腐食部分補強

cfc72095a29c3fd36f86a1d30fde4d29-columns3
7e126d0fee1e76397593c028993f493d-columns3
3513fef3f42c139665c72cb5d6770658-columns3
このように、腐食部を取り外し、新しい下地を取り付けました。

下地が腐食している部分に、釘を打ったところで、その場では止まったとしても数年後には落ちてきてしまう可能性があります。

こういった部分補強も効果的ですのでご安心ください(^^)/

ベランダ工事 透湿防水シート張り

1945cf0512bb50f29d3854c072b2e3db
部分補強が終わったら、透湿防水シートを取り付けていきます。
今回は、笠木部分も透湿防水紙のみの取り付けですが、
最近では、雨が垂直に当たる面の笠木は、水切りシートというゴム製のシートを取り付けることもあります。
ゴム製なのでより防水効果が期待できる商品です。
お客様のお好みで対応しますので、お気軽にご相談ください(^^)/


また、立てかけてある木材は、胴縁と言って、通気口を確保するために取り付けます。
通気口を確保することで、サイディングと下地がべったりとくっつかないので、腐食しずらくなります。

ベランダ工事 サイディング本体取り付け

7e5be240c7855a2c11356fb9d07addff-1-columns2
1aade6be6a9bf53feab5a4baf0b9f3c6-1-columns2
最後に本体を取り付け、目地をコーキングしていきます。
今回は、笠木の取り付けは違う業者様が取り付けるということで
街の屋根やさん 埼玉川口店は、ここまでの作業で終了です。

お仕事のご依頼を頂ける際に、
『近所の付き合いでこの部分の工事は違う業者に依頼したい』などございましたら
ご相談ください(^^)/

お客様のご依頼、ご要望に最大限にお答えいたします。


まとめ

今回はベランダ工事のご紹介でした。
笠木工事は、別業者様が担当されましたが、街の屋根やさん 埼玉川口店でも笠木取り付け可能です。

*笠木の取り付けまで行ったベランダ工事ブログ*

屋根から外壁工事まで請け負うことができますので、お家のことならなんでもお任せください!!

また埼玉県全域、対応可能です。
川口市から、さいたま市などどこでも駆けつけます

詳しくは施工可能エリアをご参照ください(*^▽^*)
*施工可能エリア*


お問い合わせはこちらか
*お電話でのお問い合わせ*
0120-390-616 (9:00~17:00)

*メールでのお問い合わせ*

同じ工事を行った施工事例

施工事例

川口市西川口でパラペットから外壁工事まで一式行いました

パラペット施工前
パラペット施工後
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
雨樋交換
その他の工事
火災保険
使用素材
JFE鋼板㈱ ガルバニウム鋼板
築年数
築40年
建坪
50坪
保証
工事費用
270万(火災保険認定額全額使用)
施工事例

川口市にて台風被害で破損したカーポートを火災保険を利用して直しました。

カーポート破損、台風被害、火災保険利用
カーポート新設、台風被害
工事内容
その他の工事
火災保険
台風
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

波板交換 完工

蕨市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 埼玉川口店』です(*^▽^*)今回は蕨市で劣化し、割れてしまった、ベランダ上のポリカ屋根を交換してきましたのでご紹介です。ポリカは高耐久のプラスチックと言われ、身近なところでいうと、車のヘッドライ...........

ベランダ工事

川口市の皆さん、こんにちは(*^▽^*)『街の屋根やさん 埼玉川口店』です。今回は、川口市でベランダの張替え工事を行ってきましたのでご紹介です。*************お問い合わせ内容*************ふとベランダの壁?部分を見て...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616