オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

川口市で破風板金工事を行いました


工事のきっかけ

ずっと破風の塗装の剥がれが気になっていました。
以前も破風の塗装工事は行いましたが5年経過くらいからまた剥がれてきてしまいました。
今回、お家全体の塗装時期だったので、破風のことも相談すると塗装工事ではまた剥がれてくる可能性があることと、長い間美観を保てる『破風板金巻き工事』があることを知り、工事に踏み切りました。

川口市 破風板板金巻き工事 破風板金巻き

ビフォーアフター

before
破風工事
horizontal
after
破風完工

工事基本情報

施工内容
破風板板金巻き工事
施工期間
2日
使用材料
JFE鋼板㈱ガルバニウム鋼板 和みしんちゃ
施工内容その他
破風板金巻き
築年数
25年
保証年数
10年(メーカー掲載)
工事費用
25万(雨樋の脱着込み)
建坪
21坪
ハウスメーカー

まずは施工前写真です。

破風の塗装の剥がれ
破風塗装の剥がれ
こちらが施工前写真です。
破風には窯業系サイディングが使用されていました。
以前までは木材が主流でしたが、現在はこの窯業系サイディングが、デザインも豊富で多く使用されています。
壁と同じように塗料も乗りやすい素材ですが、毎年の自然災害や、気温の変化なども大きく変わってきていますので
塗料が剥がれやすいのも一理あります。

きれいな切妻屋根のお家などでは、破風が大きく見えることもあり、気になるお客様が多いのも事実です。

施工していきます。

今回は、雨樋部分の破風も板金で巻く工事でしたので、雨樋を脱着する工程からです。
雨樋 既存の状態
こちらが既存の状態です。※先に塗装工事は済んでいます。

今回は雨樋がきれいな状態でしたので塗装工事→樋脱着でしたが、樋の状態によっては樋交換が望ましい場合もあります。
また、樋脱着の費用に少し増せば樋交換も可能です。
すでに既存の樋が10年~15年経過しているのであれば、交換もよい案かなと思います。
交換しないからと言ってお家にダメージを与えるわけではありませんので、
ご予算と先々を見据えてご検討いただけたらと思います。

雨樋を取り外します

破風板金 樋取り外し

まずは雨樋本体を取り外します。
今回は既存の雨樋をそのまま活かしていく工事なので、
いつも以上に丁寧に取り外していきます。
雨樋は丈夫なプラスチックですが、どうしても一カ所に大きな負荷がかかると割れやすいので注意が必要です。
破風板金工事 樋金具取り外し

本体を取り外したら、次は金具を取り外します。
この金具も再度使用します。
雨樋が付いていた部分は、破風よりも自然の影響を受けにくいので塗装はきれいな状態でした。
しかし、ここにも板金を取り付けることで、土台の腐食や劣化を防ぎ、上部に固定された雨樋になります。
破風板金工事 鼻隠し板金取り付け

金具を取り外したら、鼻隠し板金を巻いていきます。
今回使用した板金は『JFE鋼板㈱の和みFIT しんちゃ』です。
商品としては、ガルバニウム鋼板の平板です。これをお家に合わせて加工していきます。
この平板もたくさん種類がありますのでカタログ写真も上げておきますね。


極みMAX
こちらは『極みMAX』カタログです。
塗膜保証 15年
変褐色  15年
穴あき  25年 の保証がついています。

カラーも様々で選択の幅が広いのも良い点です。
和みFIT
こちらは『和みFIT』カタログです。
今回使用したのが、こちらのしんちゃです。
こちらの商品は、大きく保証期間はうたっていませんが10年は確実に美観を保てると記載されています。
また色褪せの仕方もボロボロ落ちるわけではないのできれいに色あせます。
破風板金 雨樋金具再取り付け

鼻隠し板金を取り付けたら、再度金具を取り付けます。
ここで勾配をしっかり調整します。
この勾配がしっかりとれないと雨漏りの原因になってしまいます。
破風板金 樋再取り付け

金具が取り付いたら、雨樋本体を取り付けていきます。
これで、鼻隠し部分の板金巻きは完成です。
あまり目立つわけではありませんが、この板金があることで樋を守ることになります。

破風部分の施工工程

破風板金巻き完工
破風のメインの大きな板金板は、現場調査の際に寸法を取り、加工場で加工してから現場に持ち込みます。
こうすることで、作業効率もアップしますし、工期も短くて済みます。
破風板金工事 折り込み手作業
こちらは、破風のコーナー部分です。
この部分は加工場では加工できないので、現場で加工します。
ぴったりきれいに収まりましたね。
どうきれいに納めるかはその職人さんにかかっています。
職人の腕が為される個所でもありますね。

こうして破風板金巻き工事が終了です。

まとめ

今回は破風板金巻き工事と樋脱着工事で、2日間の工期でした。
破風を何度も塗装してるけどどうしても剥がれてしまう。
きれいな状態を長い間保ちたい。
そうお考えのお客様は『破風板金巻き工事』をご検討してみてはいかがでしょうか。
ご相談、お問い合わせお待ちしております。

お電話でのお問い合わせ>>>0120-390-616 (9:00~17:00)
メールでのお問い合わせ>>>お問い合わせフォームへ


【工事完了後】

同じ地域の施工事例

施工事例

川口市で心木なし瓦棒屋根を立平ロックに葺き替えました

心木なし瓦棒
立平ロック
工事内容
屋根カバー工事
足場
火災保険
使用素材
セキノ興産 立平ロック
築年数
築40年
建坪
15坪
保証
工事費用
50万(足場代込)
施工事例

川口市で屋根修繕・外壁塗装

施工前台風被害
完工 横暖ルーフ
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
足場
使用素材
ニチハ 横暖ルーフas CブルーS
築年数
28年
建坪
保証
屋根*塗膜→15年*赤錆→20年*穴あき→25年
工事費用
270万(足場45万*屋根85万*塗装110万+諸経費)
施工事例

川口市西川口でパラペットから外壁工事まで一式行いました

パラペット施工前
パラペット施工後
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
雨樋交換
その他の工事
火災保険
使用素材
JFE鋼板㈱ ガルバニウム鋼板
築年数
築40年
建坪
50坪
保証
工事費用
270万(火災保険認定額全額使用)
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616