オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

川口市で雨漏りしたお家の点検をしてきました



こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です
今回は、川口市で雨漏りして大変だ!というお客様から、点検の依頼を頂きました。

雨漏りは、お客様からしたら『突然』の出来事かもしれません。
しかし、実は雨漏りに至るまでにいろいろなところで、お家はサインを出しています。

早く気づければ防げる雨漏りです。
できるだけ定期的な点検を行い、少しでも早く補修を行える環境をお勧めします。

早速点検していきます

まずは室内から

天井部分の雨染み
雨漏り部分diyで補修
壁際からの雨漏り
こちら、川口市のお客様がお困りの雨漏り部分です。
天井部分に広範囲に当たって雨染みが見られます。

お客様自身で、ガムテープによる応急処置の痕跡も見られました。
天井隙間から落ちてくる水を止めたく、補修されたそうです。


全体的に壁際から雨染みが浸透してきていますので、壁付近が怪しいとみて点検を進めていきます。



外観の点検

雨樋

勾配不良による雨樋の水溜まり
こちら雨樋の止まり部分です。
正常な雨樋状態であれば、この部分に水が溜まることはなく、竪樋につながる方向に雨は流れます。
この部分に雨が溜まっているということは、雨樋が逆方向に傾いているということです。
このまま放置しておくと、溜水がどんどん増え、最終的にはオーバーフロー(逆流)を起こし雨漏りにつながります。

※注意点は何カ所かありますが雨漏りの要因ではなさそうです。※
雨樋本体にヒビが入っている
雨樋本体にヒビが入っていました。
これでは、この隙間から雨が漏れ出し、地面に穴をあけたり、外壁を汚してしまいます。
雨樋は役割を果たしてこその部材です。
雨樋の異変を放置すると、上手に排水しきれなかった水が屋根の隙間に入り込み雨漏りにつながる可能性があります。
台風直後や、5年に1回ほどの定期点検がお勧めです。
雨樋の歪み
雨樋に歪みが見られます。
雨樋は、紫外線の熱で歪んだり、積雪による負荷で歪みます。
歪むことで勾配に異常が起きたり、大雨の際に歪んでいる部分から溢れ出したりします。
直接雨漏りにつながることは多くありませんが、雨樋の正常な働きを妨げますので補修が必要です。
積雪が原因の場合、火災保険が適用される場合がありますので心当たりのある方は点検時に合わせて教えていただけたらと思います。

軒天

軒天の化粧部分 剥がれ
軒天の点検をしていると、化粧部分に剥がれが見られました。
今回の軒天には、プリント合板が使用されていましたのでこういったプリント部分の剥がれ被害はよく見られます。
プリント合板は木材の板の上にデザインの入ったフィルムを貼ります。
湿気に弱いため雨に当たると木材が水を吸収しプリント部分が剥がれてきます。この状態を放置すると丸出しの木材が水をどんどん吸収し雨漏りに繋がります。
一部補修も出来ますので、点検だけでも早めに依頼するのをお勧めします。
軒天の化粧部剥がれと穴あき
こちらは穴が空いていました。
今回の雨漏りの大元はここだと思われます。
丸出しの木材が雨をたくさん吸って腐食し、弱った部分に強風などの強い衝撃で穴が空くことがあります。
こうなると水が屋根裏に入り込みどんどん雨漏りが進行します。早急な交換が必要になります。

軒天には雨は当たらなそう?軒天が剥がれる理由

軒天は直接雨は当たらなそうですよね
でもどうして、こういった水分の吸収が見られるのか、剥がれや穴あきが見られるのか。それには、すでに起きている原因や、自然現象があるのです。
下記に表にしてみましたので参考にしていただけたらと思います。

より詳しく知りたい方はこちらを見てみてください
屋根本体の不具合
屋根本体にひび割れが起きていて、その下の防水シートに破れなどが生じているとそこから雨が入り込み軒天に雨染みや剥がれが見られます。
雨樋の異常によるオーバーフロー
雨樋が正常に機能しておらず、雨が溢れて直接、破風板に当たったりすると木材は腐食し軒天にまで浸透し始めます。
雨天時の風向きによる雨当たり
通常時の雨であればまっすぐ雨が落ちてくるので軒天には当たりませんが、横殴りの雨など、強風も交えた雨の際は軒天に雨が捲くれあがり軒天を濡らします。

破風板

積雪による負荷で金具が耐えきれず破風板にヒビが入った
破風板にもヒビ割れが見られました。
今回のひび割れの原因は、積雪による重みで、受け金具が耐えきれず「バキバキっ」と亀裂が入ってしまったようです。
雨樋の不具合がどんどん他部分にも影響をもたらし、最終的には雨漏りに繋がりますので、まず異常があれば点検を依頼するのが賢明です。

今回の雨漏り原因は『軒天』でしたが、雨漏りの原因を特定するのは実はとっても至難の業です。
できるだけ雨漏りに繋がった経緯を詳しく教えていただけると特定しやすくなります。
点検時にはぜひ沢山お話し聞かせてください

もしすでに雨漏りでお困りで、点検をご希望の方はお問い合わせお待ちしております。
TEL>>>0120-390-616
(9:00~17:00まで)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

川口市で屋根の破損で雨漏りのお家を火災保険を利用して屋根葺き替えと雨漏り修復工事

施工前 スレート屋根
大屋根 葺き替え ガルバリウム鋼板 横暖ルーフ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟板金交換
雨樋交換
雨漏り修理
雪止め設置
火災保険
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
20
工事費用
360万 保険認定額180万
施工事例

川口市にて劣化したベランダサイディングを交換しました

工事内容
雨漏り修理
使用素材
窯業サイディング
築年数
15年くらい
建坪
30坪
保証
無し
工事費用
25万

同じ地域の施工事例

施工事例

川口市で2階建てのお家を全塗装工事

7745d2f99c0722bce26036deafdc0fb8-1
2a606589e6eaf11d5da91e6317ed79f9
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
ニッペ サーモアイ遮熱塗料 ニッペ パーフェクトトップ
築年数
25年
建坪
60坪
保証
なし
工事費用
130万円
施工事例

川口市で心木なし瓦棒屋根を立平ロックに葺き替えました

心木なし瓦棒
立平ロック
工事内容
屋根カバー工事
足場
火災保険
使用素材
セキノ興産 立平ロック
築年数
築40年
建坪
15坪
保証
工事費用
50万(足場代込)
施工事例

川口市で屋根修繕・外壁塗装

施工前台風被害
完工 横暖ルーフ
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
足場
使用素材
ニチハ 横暖ルーフas CブルーS
築年数
28年
建坪
保証
屋根*塗膜→15年*赤錆→20年*穴あき→25年
工事費用
270万(足場45万*屋根85万*塗装110万+諸経費)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外観

蕨市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 埼玉川口店』です(*^▽^*)今回は蕨市で雨漏りがひどく天井が抜け落ちてしまったお家を雨漏り調査してきました。************お問い合わせ内容*************一昨年の台風15号で...........

瓦屋根ヒビ

川口市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回は、修繕できるまでに期間が開いてしまうなどで自分で応急処置をする際の方法と注意点をご紹介します。応急処置は間違えた方法で行うと雨漏り被害をより大きくしてしまうこともありますのでご...........

複合屋根の谷樋板金

こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回は、雨漏りの補修方法と、雨漏りが危惧される個所をメインにご紹介します。一概に雨漏りといっても、原因は様々で、お客様自身で雨漏り原因を特定するのは難しいといわれています。ただ、その中でも『怪しい場...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616