オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川口市にて横暖ルーフへ葺き替え、既存はセキスイかわらU


工事のきっかけ

川口市にて美容院を開業されているお客様から雨漏りがしているとのご相談がありました。

現地調査に伺ったところ既存のセキスイかわらUが経年劣化により破損している状態でした。

そこで、既存の屋根を解体して新たに金属屋根をご提案したところ、下屋はもちろんのこと、美容院の店舗の上のパラペット、笠木もついでにやりたいとのご要望をいただき屋根葺き替え、パラペット、笠木板金工事をセットでご発注いただきました。

川口市 屋根葺き替え パラペット、笠木

ビフォーアフター

before
セキスイかわらU経年劣化
horizontal
after
ニチハ横暖ルーフ葺き替え

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
2週間
使用材料
ニチハ 横暖ルーフ Cブラック
施工内容その他
パラペット、笠木
築年数
40年
保証年数
塗膜15年 赤錆20年 穴あき25年
工事費用
230万
建坪
80
ハウスメーカー

まずは現地調査です!屋根に上がってみたら、、、

U瓦の屋根
現地調査時の既存の屋根写真です。
この屋根材はセキスイのかわらUという屋根材で、主にカバー工法という屋根の上にそのまま新たな屋根を施工するというリフォーム手段に用いられる工法に適した屋根材です。
下地を確認したところ、案の定化粧スレート屋根が見えました。
全体的に見て塗装もかなり剥げてますし、苔もかなり目立ちますね。
予備知識ですが、かわらUはアスベストが入っているとこのような劣化症状は見られません。私どもはこれをアスベスト含有を判断する際の一つの判断材料にしています。
破損した瓦U
このような割れはここから雨水が侵入します。
屋根に上がってすぐに雨漏りの原因がわかりました。
このような割れている箇所が数か所あり、一目瞭然で雨漏りの原因を特定することができました。

いよいよ着工です

かわらU解体
お見積りをご提出後、ご契約をいただき、足場を上棟。
いよいよ屋根の本工事です。
職人の腰ほどの長さのバールと金づちを使い棟という屋根のてっぺん部分から解体していきます。
解体した屋根材は荷揚げ機というエレベーターのような機械で地上に卸していきます。
通りがかった小学生が乗りたそうな顔押して見つめていることがよくあります。
もちろん絶対だめです!
屋根の解体作業は屋根工事店の施工範囲の中でも最も大変な作業の一つです。
築40年のスレート屋根
屋根材を無事降ろし終わり、きれいに掃き掃除。
解体が無事完了です。
ちなみにこちらの物件は前回の屋根リフォーム時に防水シートを施工していないようです。
これでは雨漏りしますよね。
私どもでは考えられない施工手順です。
写真に見ているのが新築時の化粧スレート屋根ですね。
お客様に伺ったところやはり今回で2回目の屋根リフォームでした。
ここからは野地の新設工事です。

野地新設!大切な下地補強

野地新設
野地新設風景です。
野地新設は下地の安定と補強です。
屋根の段違いの場所や複雑な形状の屋根はこれまた野地のあてがい方ひとつで雨漏りを引き起こす大切な施工過程です。
高圧の自動くぎ打ち機を使い屋根の骨組みである垂木を狙って確実に施工していきます。
下屋野地新設
こちらは下屋根です。
野地の施工に限ったことではありませんが、下屋根は足場が絡みとても施工しづらい場所です。
ですがそんなことは言ってられません。
職人からすれば日々の工事の一つかもしれませんが、お客様からしたら一生に何度かの大工事です。
弊社は工事部に対し日々フレッシュな気持ちで、且つ自分の家の工事だという認識で施工するよう指導を徹底しています。
野地新設施工
屋根の先端部を軒先といいますがこの軒先の飛び出す幅や、けらばと言われる屋根の横の部位、このケラバの出す幅の寸法もこの野地新設時に全て決まります。
やはり豊富な知識と経験が必要なんですね。
さて、野地新設が完了です。
ここからは防水シート、本体工事です。

二次防水!防水シート施工です

ルーフィング
こちらが防水シートの施工風景です。
防水シートは、重なりや通りに対してのポイントが多く、これも標準施工を施さなければやはり雨漏りの原因です。
通常屋根というのは、屋根材本体を一次防水といい、この防水シートを二次防水と言います。
仮にもし屋根の中に水が侵入してしまってもこの防水シートで外に逃がすという役割があります。
本当に需要な工事なんですね。
写真中にはガムテープのようなテープが張ってあるのが見えますがこれはブチルテープという防水テープの一つです。
非常に粘着力が強く施工時手に着くと洗っても取れません。これをうまく使って雨仕舞するのが「防水」なのです。
さて、防水シートの施工が完了したら次は本体施工です。

いよいよ横暖ルーフ、施工していきます。

横暖ルーフ 完成
いよいよ横暖ルーフの施工です。
屋根の種類は数多くありますがニチハ横暖ルーフは金属屋根の横葺きという施工になります。
一般的に2寸5分以上の勾配の屋根に対して使います。それ以下だとこれもまた雨漏りの原因です。
この屋根材は耐震性、耐熱性、耐音性に優れ、表面塗料に対しても塗膜、赤錆、穴あきという3種類の保証がつく人気商品です。
私どもは職業上、街を歩いていてもどうしても住宅の屋根ばかり見てしまいますが、スレート屋根が並ぶ住宅街で屋根リフォーム済みのお宅を見るとこの横暖ルーフ!非常に多いです!
本当にヒット商品なんですね。
横暖ルーフ
横暖ルーフ 下屋根
とってもすっきりしてシャープに仕上がりましたね。
デザイン性に優れているけど屋根の形状によってはどこか渋さが残るのもこの横暖ルーフの特徴です。
お施主様からも本当に満足とのお言葉をいただきました。
その言葉をいただけると本当に頑張った甲斐がありました。

付帯工事のご紹介

パラペットナマコ板金の解体
店舗の上のパラペット部分です。
解体したところ下地はそれほど傷んでませんでした。
弱いかなと思われる部分だけは一応補強しときました。
工事内容には含まれてませんがこういうきめ細やかな気遣いを自らしてくれるのが弊社の職人たちです。
パラペットナマコ板金の新設
新設完了です。
とてもきれいに仕上がっていますね。
色は黒なのでとてもシックに決まりました。
笠木板金色は黒
笠木も新品に交換しました。
笠木部分は台風かわかりませんがとにかく強風で剥がれていました。
最も雨漏りの定番ですね。
ですが、これで一安心。
きれいに仕上げました。

【工事完了後】

横暖ルーフ 完成
お客様からのありがとう。
これが一番の報酬です。
既存のかわらUでしていた雨漏りも解消。
横暖ルーフになり遮熱性、遮音性、断熱性もばっちりです。
完了写真をお客様にお見せして完工報告をした際に、とても喜んでいただきました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

三郷市にて、塗装したけれど雨漏りが止まらず、ヒランビーに葺き替えました。

葺き替える前の瓦
新設したヒランビー
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
稲垣商事のヒランビー
築年数
45年
建坪
50坪
保証
15年
工事費用
60万
施工事例

川口市で屋根の破損で雨漏りのお家を火災保険を利用して屋根葺き替えと雨漏り修復工事

施工前 スレート屋根
大屋根 葺き替え ガルバリウム鋼板 横暖ルーフ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟板金交換
雨樋交換
雨漏り修理
雪止め設置
火災保険
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
20
工事費用
360万 保険認定額180万

同じ地域の施工事例

施工事例

川口市にて台風被害で破損したカーポートを火災保険を利用して直しました。

カーポート破損、台風被害、火災保険利用
カーポート新設、台風被害
工事内容
その他の工事
火災保険
台風
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

川口市で屋根の破損で雨漏りのお家を火災保険を利用して屋根葺き替えと雨漏り修復工事

施工前 スレート屋根
大屋根 葺き替え ガルバリウム鋼板 横暖ルーフ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟板金交換
雨樋交換
雨漏り修理
雪止め設置
火災保険
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
20
工事費用
360万 保険認定額180万
施工事例

川口市にて劣化したベランダサイディングを交換しました

工事内容
雨漏り修理
使用素材
窯業サイディング
築年数
15年くらい
建坪
30坪
保証
無し
工事費用
25万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ルーフィングの切れ目に気密テープ

今回は川口市で以前ブログでご紹介した0.3寸勾配の立平屋根の本体施工をしていきます。使用した屋根材はセキノ興産の立平ロックです屋根が生まれ変わりますのでぜひ、最後までご覧いただけたら嬉しいです(^^)/それでは見ていきましょう

垂木新設

今回は川口市で傷んだ下地の上に新しい下地を取り付け後の屋根の本体施工になります。最近導入したばかりの新しい道具も登場するのでご紹介しますねまずは新しく棟が新設される部分に垂木を取り付けていきます。

劣化したコロニアル

今回は川口市でコロニアルの色あせや、苔が気になり、塗装の効果もないに等しいお家を、金属屋根に葺き替えます。塗装工事も可能ですが長い目で見たときに、金属屋根へ葺き替えた方が先々のメンテナンスコストが浮くため、葺き替えのご提案をさせていただきま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616