オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川口市で雨漏り補修~間違った補修は雨漏りを助長する!?~


こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です
今回は、雨漏りの補修方法と、雨漏りが危惧される個所をメインに
ご紹介します。

一概に雨漏りといっても、原因は様々で、
お客様自身で雨漏り原因を特定するのは難しいといわれています。

ただ、その中でも『怪しい場所』『雨漏りしやすい箇所』というものがありますので、
ご参考にしていただけたらと思います。

雨漏りしやすい箇所ランキング

第1位 谷樋

複合屋根の谷樋板金
第1位に上がるのが、この谷樋部分です。
谷樋は、すべての屋根形状についているものではなく、
複合屋根など少し複雑な屋根に多く見られます。
簡単に言えば、屋根と屋根の取り合い部分です。



経年劣化
谷樋は板金を用いますが、ここが経年尾劣化により、ゆがんだり、へこんだりします。そうすると、上手に排水できなくなり雨漏りが起こります。また積雪地帯では谷樋に雪が積もり、その雪解け水による原因も考えられます。
オーバーフロー
積雪時や、豪雨時、または歪みなどによって排水できないことをオーバーフロー(逆流)といいます。逆流してきた水は屋根材内部に入り込んだり、一部に溜まったりして雨漏りを引き起こします。
間違ったDIY
谷樋は、排水機能上、谷樋板金と屋根材の取り合いに隙間があります。この隙間は排水するうえで重要な役割を果たしますが、この隙間が原因ではないかと、コーキングなどで埋めてしまっている場合があります。これは雨漏りをさらに悪化させる原因ですので絶対にやってはいけません。

第2位 ルーフィングの損傷

aec7a5145c34d3d0eab047cf5487b38f
第2位はルーフィングの損傷です。
ルーフィングは雨漏りを防ぐ最後の砦であり、ここに傷や破れが見られると、そこから雨が染み込み、雨漏りの原因になります。
普通の雨では雨漏りしないけど、大雨時には雨漏りする。そういった現象もルーフィングが原因なことがあります。
雨水は屋根材を伝って内部に入り込むことがあります。雨量が増えれば増えるほど、その入り込む水の量も増えますので、損傷部分に入る確率も高くなります。
ルーフィングの損傷はできるだけ早めの補修が必要です。
経年劣化
ルーフィングの寿命は一般的なもので20年~25年です。弾力性があり自然による屋根の動きにも最初は対応できます。しかし時がたつとともに硬化し始め、少しの衝撃で破れやすくなります。野地板の寿命も20年~30年ですので、築年数によっては雨漏りなどが見られなくても補修の検討をしてみるのも一案です。
大きな衝撃による損傷
強風などによる飛来物で屋根材が割れるほどの衝撃が加わった場合、ルーフィングにも傷がつく場合があります。この場合、屋根材にも損傷が見られるはずですので雨天時、損傷部からバシャバシャと水が入り込む可能性があります。早めの補修が必要です。

第3位 コーキングの劣化

棟板金の三又部分 コーキング劣化
外壁コーキング ひび割れ
第3位はコーキングの劣化です。
コーキングの寿命は大体10年~15年です。これを過ぎてくるとコーキングに亀裂やヒビが入ります。
また地震などのお家が大きく動くような事態では、経年劣化する前にひび割れすることもあります。
この隙間から雨水が入り込み雨漏りの原因になります。コーキングの補修だけであればそこまで大きな金額はかかりませんし、ひび割れが見られるようであれば雨漏りが起きていなくても早めの補修検討をしてみるのもいいかもしれません。

第4位 漆喰の崩れ

漆喰の劣化
漆喰の崩れ
第4位は瓦屋根の漆喰の崩れです。
瓦本体は半永久的に持つと言われていますが、漆喰はそうではありません。
10年から15年ほどでヒビや崩れが見られ始めます。上記写真のような崩れ方をした場合、漆喰の隙間から屋根内部に水が入り込み雨漏りの原因になります。
漆喰が崩れたことによる棟の崩れ
特に棟部の漆喰の崩れは、棟の崩れる原因にもなります。
棟の漆喰は、棟瓦と瓦屋根本体を接着している役割もあるからです。
棟は雨の入口ができた時から、雨漏りに繋がる期間が早いので早めの補修が必要です。

漆喰についてもっと詳しく知りたい方はこちらから

まとめ

以上が比較的雨漏りの原因としてよく上げられるものになってきます。

しかし雨漏りは一つの箇所が原因ではない場合もあります。
いろんな個所のちょっとした異変が相交わって雨漏りに繋がっている可能性もあるのです。

その為、まずは専門業者に依頼することが雨漏り解決の第一歩になることは間違いありません。
信頼できる業者さんにお願いしましょう。


また弊社では、ご相談から、調査、お見積りまで、無料でやらせていただいています。
もし、お困りでしたらまずはご一報いただけたらと思います。

調査にかかる時間は、大体1時間~2時間程度だと思っていただけたらと思います。
現在コロナの関係で、不安を抱えるお客様もいらっしゃると思いますので、
弊社のコロナに対する記事もご覧いただけたらと思います。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦おろし

こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です。今回は川口市で瓦屋根の葺き替え工事をしてきたのでご紹介です。瓦屋根を違う屋根材に葺き替える場合、コロニアルのような『カバー工法』という形はとれず、瓦を全部下ろし、新規の屋根材を葺く、『葺き替え工事...........

21d0ab868bb6a3b4227ffd5c05b68f77

川口市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今日は屋根をリフォームするにあたって、お勧めの屋根材とその費用についてご紹介します。昨今、一番戸建ての建てられた年から15年から20年が経過し、その時のお家がリフォーム時期になってい...........

ガルバニウム取付

こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です本日はカバー工法による屋根工事をご紹介していきます。新築時にスレート屋根をふかれるお客様が多い現在、リフォーム時にはカバー工法を選択される方が増えています。まずはカバー工法について理解を深めていきま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616