オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

川口市にて劣化したベランダサイディングを交換しました


工事のきっかけ

今回工事をやられたお客様は、新築から15年ほど経ったので塗装工事を考えたそうです。その中で、破損していたベランダも修繕したいと考え、今回の工事を検討したたそうです。
サイディンのこだわりはなくオシャレな模様がいいとのことでしたので、今回のサイディングはお客様が気に入られたサイディングを採用させていただきました。

川口市 雨漏り修理

ビフォーアフター

before
horizontal
after

工事基本情報

施工内容
雨漏り修理
施工期間
2日
使用材料
窯業サイディング
施工内容その他
築年数
15年くらい
保証年数
無し
工事費用
25万
建坪
30坪
ハウスメーカー

ベランダサイディング施工後・施工前

施工後のサイディング
施工後の写真になります。
施工前のサイディング
施工前の写真になります。
今回は、ベランダサイディング修繕工事をしました。川口市W様邸のビフォーアフターの写真になります。
W様は、今回塗装工事を考えており塗装する前に破損が激しいベランダのサイディングがどうにかならないか?と言う問い合わせで今回の工事を行いました。お客様のご都合としては、破損が激しい所のみ交換して欲しいとのことでしたのでベランダ正面のみの交換で行いました。

まずは現状確認をしよう!

破損しているサイディング
浮きが目立つサイディング
お客様が気にされていた破損箇所になります。左写真はコーナー部分が凹み、タテ目地のつなぎ目が開いています。こうなると見た目以上に水の侵入が心配ですね。右の写真はつなぎ目の浮きが気になるそうです。写真では分かりにくくなってしまいました。すいません… 実際は私も気になるぐらいういてます。
サイディングは、一度変形したものは交換をオススメしています。変形した上に補修して塗装しても数年でダメになってしまうからです。

既存のサイディングを解体していこう。

サイディングを剥がした下地
切れた防水シート
水が浸透した防水シート
サイディングを剥がすと見えてきますね。防水シートのシミは雨が浸透した結果です。多少の雨は入りますが、ここまで入っているのは酷いです。真ん中の写真は、切れ目が入っています。ここから水が木部に浸透して腐る原因になります。本当なら、防水シート同士が重なり合ってなければいけません。

防水シート裏の木部
腐りかけの木部
防水シートの穴あき切れ目が酷かったので防水シートも剥がしてみました。
木部に水が回っているのが写真を見て分かります。防水シートをしっかり張っていれば、木部にここまで浸透することはないのです。右側の写真は木部が腐食し、これ以上腐食が進むと木部を交換しなけれがなりません。この木部はギリギリのラインです。木部は目には見えませんが、一番分かりやすく症状が出ます。なので、サイディングの歪みや割れが出たら早めの相談をしていただきたいです。

新たに壁を新設していこう!

防水紙を新たに貼った壁
既存の解体が終わったら新たに防水シートを貼っていきます。防水シートは水の流れを考慮し下から貼っていきます。これが一番大事な役割をするので、しっかりやらなければなりません。施工上で一番重要なのは、この作業といっても過言ではないかもしれませんね。ここが最後の砦になりますのでしっかりやっていきます。
防水紙を新設した壁
笠木を取らずに施工する場合は、既存の防水シートは絶対に取らずに行います。
防水シートは必ず90mm以上重ねる必要があります!
破れた防水紙を防水テープで貼る
破れた場所は必ず防水テープ・ブチルテープで復旧してきます。
新た貼るサイディング
釘打ちのサイディング
防水シートをしっかり貼った後は、サイディングを貼っていきます。今回のサイディングは釘打ち用のサイディングなので、釘うち専用の工具で打っていきます。
※サイディングは、今貼っているサイディングと違うデザインのものをを貼ることもできます。
シール前のマスキングテープ
シール新設後の壁
サイディングを貼り終わったら目地のシーリングに取り掛かります。
シーリングはしっかりやらなければ数年で取れてしまったり、切れてしまいます。なので、しっかしシーラーを塗ってシーリングしていきます。
シーリングは美的センスも必要です。美しいものを美しく見せるには、こういった目地材も美しく打ちたいですね。
新設後の壁
施工後のサイディング
今回のベランダサイディングの施工事例はここまでです。各家によって施工は変わってきます。部分施工は、リフォーム会社に頼むより我々プロの板金屋に相談して欲しいです。修繕工事とリフォーム工事は行う項目が変わってきますのでトラブルの原因にも繋がります。破損してしまったらプロの板金屋までご連絡ください。

【工事完了後】

施工後のサイディング
新設後の壁

同じ工事を行った施工事例

施工事例

川口市で屋根の破損で雨漏りのお家を火災保険を利用して屋根葺き替えと雨漏り修復工事

施工前 スレート屋根
大屋根 葺き替え ガルバリウム鋼板 横暖ルーフ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟板金交換
雨樋交換
雨漏り修理
雪止め設置
火災保険
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
20
工事費用
360万 保険認定額180万

同じ地域の施工事例

施工事例

川口市で心木なし瓦棒屋根を立平ロックに葺き替えました

心木なし瓦棒
立平ロック
工事内容
屋根カバー工事
足場
火災保険
使用素材
セキノ興産 立平ロック
築年数
築40年
建坪
15坪
保証
工事費用
50万(足場代込)
施工事例

川口市で屋根修繕・外壁塗装

施工前台風被害
完工 横暖ルーフ
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
足場
使用素材
ニチハ 横暖ルーフas CブルーS
築年数
28年
建坪
保証
屋根*塗膜→15年*赤錆→20年*穴あき→25年
工事費用
270万(足場45万*屋根85万*塗装110万+諸経費)
施工事例

川口市西川口でパラペットから外壁工事まで一式行いました

パラペット施工前
パラペット施工後
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
雨樋交換
その他の工事
火災保険
使用素材
JFE鋼板㈱ ガルバニウム鋼板
築年数
築40年
建坪
50坪
保証
工事費用
270万(火災保険認定額全額使用)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦屋根ヒビ

川口市の皆さん、こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回は、修繕できるまでに期間が開いてしまうなどで自分で応急処置をする際の方法と注意点をご紹介します。応急処置は間違えた方法で行うと雨漏り被害をより大きくしてしまうこともありますのでご...........

複合屋根の谷樋板金

こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回は、雨漏りの補修方法と、雨漏りが危惧される個所をメインにご紹介します。一概に雨漏りといっても、原因は様々で、お客様自身で雨漏り原因を特定するのは難しいといわれています。ただ、その中でも『怪しい場...........

天井部分の雨染み

こんにちは!『街の屋根やさん 川口店』です今回は、川口市で雨漏りして大変だ!というお客様から、点検の依頼を頂きました。雨漏りは、お客様からしたら『突然』の出来事かもしれません。しかし、実は雨漏りに至るまでにいろいろなところで、お家はサインを...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616