オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川口市で0.3寸勾配の屋根を立平ロックでカバー施工しました




今回は川口市で
以前ブログでご紹介した0.3寸勾配の立平屋根の
本体施工をしていきます。


使用した屋根材は
セキノ興産の立平ロックです

屋根が生まれ変わりますので
ぜひ、最後までご覧いただけたら嬉しいです(^^)/

それでは見ていきましょう



ルーフィングの切れ目に気密テープ
防水テープ ブチルテープ


まずルーフィングの境目すべてに
防水テープを取り付けていきます。

今まで何個もルーフィングの工程をご紹介していますが
今回、初登場施工ですよね

どうして今回はこの施工が必要なのでしょう?

その秘密は、勾配にあります

今までご紹介してきたブログは、
勾配が2.5寸以上でした。

しかし今回は0.3寸です。
もうほぼ平面です。

2.5寸以下の勾配には、この施工が必須です。

理由としては
屋根を流れる雨水は、勾配があるからこそ下に流れます。

しかし、勾配が緩いと
水が戻る可能性があり、屋根面に滞留します。

そうすると、ルーフィングの隙間から雨水が入り込み下地に影響を及ぼします。

そこで水に強いテープを境目すべてに取り付けることで
入り込みを防ぎます。

これで大切な大切な下地が守られます。

または、ルーフィングに性能の高いルーフィングを使用する方法もあります。

田島の『ガムロン』というルーフィングを使用することが多いですね。
こちらはルーフィングの中でも最高性能の粘着式タイプです。
しかし、かなりお値段が上がるので、防水テープの施工が多いです


ケラバ唐草
唐草
軒先唐草


次に軒先に準防水切りと、軒先唐草を取りつけます。

準防水切りとは、上記写真の茶色の部分です。
軒先唐草とは、シルバーの部分ですね。

軒先は水が溜まりやすく、この部分の施工を間違えると、
軒先部分が腐ってしまいます。


軒の出は、軒天がある、無しに関わらず、どんなお家も
必ず1寸5分(4.5㎝)出ています。
ここを広小舞ということもあります。

この部分は大体木材です。

そのため、そこに水が触れないよう施工する必要があります。

準防水切り→軒先唐草→ルーフィングの順で取り付けました。

これでもし雨水が内部に入り込んだとしても
木部に触れることはありません


ちなみに、立平の場合、
本体を唐草につかみこむ施工のため、
ケラバ水切りを取り付けることはなく
全部軒先唐草を取り付けます





セキノ興産
立平ロック
立平ロックの施工風景

下地処理が終わったら
本体を施工していきます。

今回は立平ロックなので
並べて踏むとカチカチッとはまるタイプのものです。

施工が簡単に行える点や、
金属板がすべてくっつくので一枚の大きな金属板になり
強風などによる捲くれを防ぎます。



今回、登場率の高い
青い作業着の職人さんは、
前里君です

弊社に入社して、約1年を迎えます。
この1年で大きく成長し、新人君や、ベトナム実習生の教育を
行えるまでになりました
若者の成長は、素晴らしいですね!

今後も常に向上心を持って新しいことに取り組んでもらえるよう
弊社も努力を積み重ねたいと思います


立平の棟施工
捨てコーキング
棟取り付け完工


最後に棟の取り付けです。

まず棟部に沿わせた垂木に、面戸を取り付け、
その上に面戸キャップを付けます。

次に上から棟を被せて、釘で止めれば完成です


1枚目写真が、面戸キャップの取り付け、
2枚目は棟の継ぎ目の捨てコーキング、
3枚目が完工写真です。

この施工も、
雨水が垂木(木部)に触れない施工になっています。

説明より、図の方がわかりやすいかと思いますので
下記にイラストを載せておきますので、
ご参考にしていただけたらと思います
棟部分の構造イラスト


before1
下地強化
horizontal
after1
棟取り付け完工

今回の工事は以上になります。

ビフォーアフターのこの違い

屋根が生まれ変わりましたね(*´▽`*)

今回使用した、『セキノ興産の立平ロック』は緩勾配でも使用でき
シンプルなデザインで、最近では
オールメタルのお家などにも使用されています。

メンテナンスがしやすいのも、人気の一つです。

もし気になることなどございましたら
お気軽に『街の屋根やさん 川口店』までお問い合わせください(^^♪

今回も最後までご覧いただきありがとうございました


同じ工事を行った施工事例

施工事例

三郷市にて、塗装したけれど雨漏りが止まらず、ヒランビーに葺き替えました。

葺き替える前の瓦
新設したヒランビー
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
稲垣商事のヒランビー
築年数
45年
建坪
50坪
保証
15年
工事費用
60万
施工事例

川口市にて横暖ルーフへ葺き替え、既存はセキスイかわらU

セキスイかわらU経年劣化
ニチハ横暖ルーフ葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ Cブラック
築年数
40年
建坪
80
保証
塗膜15年 赤錆20年 穴あき25年
工事費用
230万
施工事例

川口市で屋根の破損で雨漏りのお家を火災保険を利用して屋根葺き替えと雨漏り修復工事

施工前 スレート屋根
大屋根 葺き替え ガルバリウム鋼板 横暖ルーフ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟板金交換
雨樋交換
雨漏り修理
雪止め設置
火災保険
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
20
工事費用
360万 保険認定額180万

同じ地域の施工事例

施工事例

川口市にて台風被害で破損したカーポートを火災保険を利用して直しました。

カーポート破損、台風被害、火災保険利用
カーポート新設、台風被害
工事内容
その他の工事
火災保険
台風
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

川口市にて横暖ルーフへ葺き替え、既存はセキスイかわらU

セキスイかわらU経年劣化
ニチハ横暖ルーフ葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ Cブラック
築年数
40年
建坪
80
保証
塗膜15年 赤錆20年 穴あき25年
工事費用
230万
施工事例

川口市で屋根の破損で雨漏りのお家を火災保険を利用して屋根葺き替えと雨漏り修復工事

施工前 スレート屋根
大屋根 葺き替え ガルバリウム鋼板 横暖ルーフ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟板金交換
雨樋交換
雨漏り修理
雪止め設置
火災保険
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
20
工事費用
360万 保険認定額180万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

垂木新設

今回は川口市で傷んだ下地の上に新しい下地を取り付け後の屋根の本体施工になります。最近導入したばかりの新しい道具も登場するのでご紹介しますねまずは新しく棟が新設される部分に垂木を取り付けていきます。

劣化したコロニアル

今回は川口市でコロニアルの色あせや、苔が気になり、塗装の効果もないに等しいお家を、金属屋根に葺き替えます。塗装工事も可能ですが長い目で見たときに、金属屋根へ葺き替えた方が先々のメンテナンスコストが浮くため、葺き替えのご提案をさせていただきま...........

コロニアル着工前

今回は、川口市でコロニアル屋根を、金属屋根に葺き替えます。お客様曰く、『屋根の色あせや、苔が気になり始めたし、金属屋根に興味がある。』とのことで、カバー工法で葺き替えることになりました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616