オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風被害にあった屋根を火災保険を使い瓦屋根から葺き替え工事を行いました。


before1
吹き替え前の瓦屋根
vertical
after1
ガルバニウム 横暖ルーフ 金属屋根
こんにちは、街屋根埼玉川口支店担当の佐藤です。
今回は、台風被害にあった瓦屋根の施工について書いていきたいと思います。
お客様は、昨年の台風19号の時に瓦屋根の棟部分が崩れてしまい、屋根から瓦が落ちてしまったそうです。
崩れた瓦は後日回収したそうですが、台風の風にしても重い瓦が想像以上に飛んでいたことに驚いたそうです。
ここ何年かで、台風の被害が大きくなってきていると感じられたお客様は、出来るなら被害にあいやすくなった既存の瓦を、
被害に強い屋根へと変えたいとのご希望でしたので、火災保険の申請内で屋根の工事を行うことにしました。
瓦屋根から横暖ルーフαへの葺き替え工事となります。

瓦の被害事例を紹介します

台風で破損した瓦屋根
台風で破損した瓦屋根
今回被害を受けてしまった棟部分になります。お客様は、瓦が落ちただけで良かったと安堵していましたが、もう二度と同じ心境も味わいたくないとも言われていました。
屋根の中で台風被害を多く受けてしまう代表が瓦です。
過去の物件で台風被害であった事例では、強風で瓦が飛び、隣のご自宅にぶつかってしまいガラスが割れたしまったそうです。この時、隣のご自宅は火災保険に加入しておらず、話し合いにて弁償したそうです。火災保険は自分の家は守る事ができても二次被害には対応できないものなのです。隣接しているご自宅は注意が必要なのです。
あっ!誤解しないでください!近年の瓦は防災瓦といって災害に強いものだそうです。

葺き替えの施工をしていきます

瓦を撤去して屋根
瓦を撤去した屋根
瓦を降していきます。
瓦を降ろし屋根の泥絵を綺麗に取り払います。今回降ろした瓦の㎡数は60㎡です。1㎡あたり瓦の重さ約60kgですので3.6tなのです。数字にするとびっくりしちゃいますよね?この重さを支える家もすごいですよね。
この後載せる横暖ルーフはたった1㎡5Kgです。60㎡あたり300Kgなのです。屋根に優しくメリットが多い商品なのです。
デメリットをいうならば、他の屋根材より少し高い事です。屋根材の事ならなんでもお聞きください。
では、次の工程にいきましょう。
野地板新設した屋根
下地の野地板を貼っていきます。
野地板は、葺き替えの工事するを時には必ず貼ります。
理由としては、長年雨にあたっている下地は傷んでいる可能性が非常に高いです。なので野地板は必ず貼っていきます。
ルーフィングを敷いた屋根
ルーフィングを敷いた屋根
野地板を貼った後は、防水シート(ルーフィング)を敷いていきます。
ルーフィングは屋根には欠かせない存在です。屋根材を貼るより神経を遣うんです!
ここで適切な処置を行わなければ雨漏りのリスクを増やす事になりますからね。
板金屋として雨漏りだけは何としても阻止しなければなりません。
屋根材は100%雨を凌げるものではないので、ここの工程が一番大事なのです。
ガルバニウム 横暖ルーフ 金属屋根
横暖を新設した屋根
最後に、屋根材を貼っていきます。
今回の屋根材は、横暖ルーフα プレミアムs Fグリーンというもので、フッ素加工されてるもので、輝きも一段と違うのです
メーカー保証は、変色20年・塗膜20年・赤錆20年・穴あき25年付いているもので、横暖ルーフの中で最高級品です。値段も高いですが…
横暖ルーフはメリットの多い屋根材ですのでご興味ありましたらスタッフまでご連絡ください。
ここまでが屋根の施工になります。
雨樋を新設した写真
今回の葺き替え工事では、申請が認められた金額が余りましたので軒樋も交換しました。
火災保険で申請が認められた金額には、修繕義務がない為使い道は自由だそうです。しかし、申請箇所を直さなければ次回の申請は認められない様です。
詳しくは、担当の方にお尋ねください。
最後までご覧いただき有難うございます

同じ工事を行った施工事例

施工事例

三郷市にて、塗装したけれど雨漏りが止まらず、ヒランビーに葺き替えました。

葺き替える前の瓦
新設したヒランビー
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
稲垣商事のヒランビー
築年数
45年
建坪
50坪
保証
15年
工事費用
60万
施工事例

川口市にて横暖ルーフへ葺き替え、既存はセキスイかわらU

セキスイかわらU経年劣化
ニチハ横暖ルーフ葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ Cブラック
築年数
40年
建坪
80
保証
塗膜15年 赤錆20年 穴あき25年
工事費用
230万
施工事例

川口市で屋根の破損で雨漏りのお家を火災保険を利用して屋根葺き替えと雨漏り修復工事

施工前 スレート屋根
大屋根 葺き替え ガルバリウム鋼板 横暖ルーフ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟板金交換
雨樋交換
雨漏り修理
雪止め設置
火災保険
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
20
工事費用
360万 保険認定額180万

同じ地域の施工事例

施工事例

川口市にて台風被害で破損したカーポートを火災保険を利用して直しました。

カーポート破損、台風被害、火災保険利用
カーポート新設、台風被害
工事内容
その他の工事
火災保険
台風
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

川口市にて横暖ルーフへ葺き替え、既存はセキスイかわらU

セキスイかわらU経年劣化
ニチハ横暖ルーフ葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ Cブラック
築年数
40年
建坪
80
保証
塗膜15年 赤錆20年 穴あき25年
工事費用
230万
施工事例

川口市で屋根の破損で雨漏りのお家を火災保険を利用して屋根葺き替えと雨漏り修復工事

施工前 スレート屋根
大屋根 葺き替え ガルバリウム鋼板 横暖ルーフ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟板金交換
雨樋交換
雨漏り修理
雪止め設置
火災保険
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
20
工事費用
360万 保険認定額180万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ルーフィングの切れ目に気密テープ

今回は川口市で以前ブログでご紹介した0.3寸勾配の立平屋根の本体施工をしていきます。使用した屋根材はセキノ興産の立平ロックです屋根が生まれ変わりますのでぜひ、最後までご覧いただけたら嬉しいです(^^)/それでは見ていきましょう

垂木新設

今回は川口市で傷んだ下地の上に新しい下地を取り付け後の屋根の本体施工になります。最近導入したばかりの新しい道具も登場するのでご紹介しますねまずは新しく棟が新設される部分に垂木を取り付けていきます。

劣化したコロニアル

今回は川口市でコロニアルの色あせや、苔が気になり、塗装の効果もないに等しいお家を、金属屋根に葺き替えます。塗装工事も可能ですが長い目で見たときに、金属屋根へ葺き替えた方が先々のメンテナンスコストが浮くため、葺き替えのご提案をさせていただきま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川口店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-390-616